小売店の方でまだクレジットカード決済を導入していない経営者の方は多数いるでしょう。

 

お客様に「カード使える?」と聞かれて「すいません使えません」と答える事も多いかと思います。クレジットカード決済は手数料や初期の導入コストがとても高いです。

 

ですから、なかなか導入に踏み切れない経営者の方もいるでしょう。そんな経営者の方に今回airpayという安価に導入できる決済サービスを紹介します。

 

Sponsored Links

airpayの特徴

airpayはスマートフォンやタブレット端末など様々な用途に使われる情報処理端末を利用したカード決済サービスになります。

 

(株)リクルートライフスタイルがスマートデバイスと呼ばれる情報処理端末を提供し、様々な種類の決済を可能とします。

 

クレカや、電子マネーはもちろんApple Payまでも一つの端末で決済できてしまう決済の革新ともいえるサービスです。

 

VisaやJCBといった有名なクレジットカードの他にも海外でも使用可能な国際的なブランド力がある6種類のクレジットカードの決済に対応しています。

 

他にもSuicaといった電車、買い物などで使える電子マネーの決済もできます。小売店など店舗を経営している人にとっては、とてもお得な決済方法と言えるでしょう。

 

安価に決済を進められる

自身でお店を開いている人にとって例えば、小売店レベルのお店を経営している人にこそお勧めできるのがairpayです。

 

クレジットカードや電子マネーの導入など遠い先の、事のように考えていらっしゃる経営者の方もいるかもしれません。

 

実はその遠い先の出来事と片付けている電子決済の時代が今、もうすぐそばにやってきているのです。そして、むしろ小さなお店こそこのairpayが有効なのです。

 

今までのクレジットカードなどを用いた決済は、その導入と費用が高く、手数料もはっきりきまっていないものが多数でした。

 

店を経営する人にとってはカード決済端末にかかるコストはとても馬鹿にできる額ではなかったのです。手数料の仕組みも分かりづらく、結果導入するのが面倒だという結論に落ち着いた経営者の方もたくさんいるはずです。

 

それらの諸問題がネックになり電子決済導入を渋っていた小売店経営者の方もいらっしゃったでしょう。これがairpayを利用するとどう変わるのかですが、準備するものは以下の通りです。

 

airpayで準備するもの

iPAdもしくはiPhoneと、airpayから送られてくるカードリーダー(1台の価格1万9千8百円)のたった三つになります。

 

それ以外に発生する費用は特にありません。月額の固定費もありません。ただ、電子マネーに対応するためにはWi-Fi設備とプリンターが必要です。

 

プリンターはairpayに申し込みをして審査が終了した後、airpayの管理画面から買う事ができます。

 

前述でも述べたとおり、電車などで使用し、買い物にも利用できるスイカ、イコカ、パスモ等の電子マネーに対処しています。

 

airpayの決済費用

店舗の経営者にとってもっとも気になる決済費用ですが、仕事の内容、その業界に関係なく、クレジットカードを利用する場合の手数料は3.24%、カードの種類によっては3.74%です。

 

交通手段にも使える電子マネーは3.24%になります。この手数料はいずれも業界でそれまでかかっていた費用の、水準の最低ラインをいく安さになります。

 

売掛け金の入金回数ですが、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行を利用する場合、月6回になり、それ以外の銀行は月3回となります。ゆうちょ銀行は対応していません。

 

振り込みにかかる費用も発生しません。お手軽でお安い仕組みになっています。

 

airpayはどんな店舗が利用するべきか

支払いをする時にお客様と顔を合わせて、支払いを受け取る店ならだいたいのお店がairpayを導入する事によりメリットがあるでしょう。

 

接客業でいえば、レストラン、うどん屋、ラーメン屋、カフェなどの飲食系、サービスを提供するヘアサロンや美容エステはもちろん、服飾系のセレクトショップも導入可能です。

 

特別なイベント等で移動出店する時などにも相性が良いでしょう。1台の情報処理端末で電子マネー、クレカといった幅広い支払い方法に対応しているからです。

 

「もううちはクレジットカードを導入しているし」という経営者の方も元々の契約はそのままで、新規にairpayを導入でき、コストカットを狙う事ができます。

 

airpayの導入にあたっての過程

申し込むには審査を受ける必要があります。そのため書類を提出しましょう。証類に必要な情報は店の情報、口座情報、法人様の場合はその情報を、入力をします。審査された書類のアップロードもありますので、予め必要書類は揃えておきましょう。

 

必要な機械類はiPhoneかiPadです。どちらかがあれば使えます。必要な機器詳細はairpayの公式サイトにてご確認ください。交通などや買い物にも利用できる電子マネーを使われる方はプリンターが必要となります。

 

プリンターは前述でも述べたとおり、審査に通った後、airpay管理画面より購入いただけます。公式サイトにある利用可能プリンターを確認するボタンから確認してください。

Sponsored Links

 

審査情報を入力し、結果はメールで受け取ります。審査にはおおよそ2週間ほどかかります。Airペイアプリをお持ちのiPhoneかiPadにDLしてください。審査を申し込むときに登録したID、パスでログイン可能です。

 

airpayの審査後は初期設定が必要

審査完了後カードリーダーが届きますので、一緒に届く初期設定ガイドにそって設定してください。iPhone、iPad、それとカードリーダーが揃えば利用可能となります。

 

お客様がクレジットカードを決済で選ぶようなら、カードリーダーにカードを差し込み、お役様に番号を入力していただきます。もしくはiPhoneかiPadにサインをもらいます。

 

電子マネーのケースですとカードリーダーにカードをかざしてもらいます。(プリンター、Wi-Fi環境が必須です)

 

Apple Payをご利用のお客様に対してはカードリーダーにiPhoneをかざしてもらう必要があります。airpay決済端末はその外観がとてもスマートでコンパクト。お店の雰囲気を壊すものでもありません。さりげないこういう所もポイント高いですね。

 

airpayの口コミや評判

以下はAirpayを導入した方の生の体験談となります。

 

32歳カフェを営む男性

2016年の年末にドリンクと書籍を楽しめるお店を開店しました。特にコーヒーには力を入れていて、本をある一定の値段購入していただくと700円のコーヒーを無料にするサービスを展開しています。

元々この店舗は運営元がIT企業であり、アプリケーションの開発を主とする企業でしたんでairpayの存在も知っていました。

他の決済方法より革新的で分かりやすくデザインもコンパクトなので導入を決意しました。導入した事によるメリットははっきりいって説明書を読まなくてもいいくらい簡単に扱えるという部分です。

そしてカスタマーサービスがしっかりしている部分に感動しました。決済の時に扱いにこまったスタッフがすぐ電話すればサポートデスクが対処してくれて非常に助かりました。

スタッフからの声も慣れたら、今までの単純な金銭のやりとりよりも簡単に決済できると評判です。最近はairpay決済の方がますます増えております。

 

48歳貸会議室を経営する男性

この仕事の特性上、繰り返し利用してもらえる事が最重要課題になります。つまりリピーターをいかに増やすかが商売をする上で一番大事な事になるわけです。

元々自分で貸会議室を良く利用していたので、この商売をやろうと決意しました。できるだけ、当オフィスのリピーターを増やそうと、クレジットカード決済に対応しました。

ところが決済に使えないカードが多く、困っていました。特にJCBを利用される方が多く、うちでは対応してなかったのです。

そうしたところ、airpayの存在を知りました。airpayはレジと連動もできて外出時でも売上の確認が可能だったり、領収書も発行できたりと、とても使いやすかったです。

何より使われる方が多いJCBカードの決済をご利用してもらえるようになったんで、お客様にご迷惑をおかけする事がなくなり幸いです。

 

28歳花屋を経営する女性

元々父親が造園業をしていて副業でやっていたフラワーショップを受け継ぐ形で私が新規に店舗を開きました。

主な客層はサラリーマンやOLの人達が会社帰りに寄っていきます。会社の歓迎会などの年の行事に買われていく方が多いです。

近年、お客様からカードでの決済は可能なのかとよく聞かれるようになりました。

そこでカード決済は取り扱っていませんと答えると、「じゃあまた来ます」と言われせっかくのお客様を逃がしてしまう事に繋がっていました。

もちろんカード決済も考えたのですが、初期のコストが高いので、聞いていたので二の足を踏んでいました。

そんな時、airpayのキャンペーンをたまたま知り、導入してみる事にしました。うちの店ではカード決済を望むお客様は全体の3割になります。

つまり今までその三割のお客様を取り逃がしていたわけで、airpay導入後売上も大幅に上がりました。

 

40歳書店を経営する男性

airpayを導入するきっかけは3年ほど前からクレジットカードでの決済ができないのかというお客様の声が増えてきたからです。

そういう声も増えていたのでクレジットカード決済を考えたのですが、導入にかかる費用が高いのがネックでした。

書店の利益率というのはとても低く、コストにそんなにお金をかけられないのが現状でした。

そこで決済手数料も業界では最低水準を誇る導入費用も安いairpayに目をつけました。airpayは電子マネーにも対応しており、今までカードなどが使えない事でうちの店を敬遠していた客層も取り入れることに成功しました。

クレジットカードと電子マネーという違う決済を一台の端末で処理できるのが、決済手順を覚える事がそんなに多くないので助かりました。

最近はApple Payで本を購入していただく方もいらっしゃりまして客層が広がった気がします。

 

Sponsored Links