キャッシングを利用している人のほとんどは、マイナスを0にする事だけを目標に返しています。

 

ですがそれだと、いつまでも貧乏なままです。今回は、キャッシングを上手く活用してお金持ちになる方法をご紹介いたします。

 

Sponsored Links

キャッシングはどういうときに活躍するのか?

 

キャッシングは基本的にまとまったお金が必要な時に活躍します。その内3つをピックアップすると、「冠婚葬祭」、「同居人がいなくなった」、「病気になった」です。

 

特に冠婚葬祭の中で、最もお金がかかるのが葬式です。

 

葬式の値段

200万円ほどかかるのが一般的です。都道府県別で見ると、葬儀費用の平均額が最も高い県が千葉県で約206万円、中間の大阪府は約132万円、最も低い沖縄県が89万円です。

 

近年は20万円程度で済む葬儀会社もありますが、それは通夜・告別式を行わない分費用が抑えられているだけです。都会ならまだしも、地方で通夜や告別式を行わないというのはご近所さんに後ろ指をさされます。

 

地方にお住まいの方はお金が多少かかったとしても通夜・告別式を行う一般葬をおすすめします。

 

末期がんなどで余命宣告されていた場合を除けば死というものは突然です。ですので、葬式代を準備していない方がほとんどです。ですので、どうにかお金をかき集めることになります。そんな時にキャッシングは活躍します。

 

結婚式で必要なお金

急にお金が必要になった理由の2つ目が結婚式です。新郎新婦は結婚式のために貯金をしていたり、親から援助してもらうので急にお金が必要になる事はありません。問題は招待客です。

 

結婚式に出席するのはそれなりに費用がかかります。ご祝儀の相場は、友人は最低でも3万円、家族は5万円です。

 

ご祝儀もお金がかかりますが、服装にもお金がかかります。男性のスーツの相場は3~5万円です。女性のドレスの相場は2~3万円です。

 

ですが女性の場合、この他にもカバンやアクセサリーなどの小物、ヘアセット代がかかります。小物類は最低でも1万円~、ヘアセット代は約5,000円です。

 

ですので、1回の結婚式で7~8万円もかかってしまうことになります。早めに結婚式の日にちを知っていたら貯金をすることも可能ですが、直前になって知らされるケースもあります。貯金が無い人はキャッシングを利用すれば恥をかかずに済みます。

 

同居人の引越し

急にお金が必要になる理由の3つ目は同居人の引越しです。ここ数年はシェアハウスで住んでいる人も多いです。シェアハウスには2種類あります。

 

建物自体がシェアハウス用の造りになっていて見ず知らずの他人が住むパターンと、普通の一軒家やマンション・アパートに友人と住むパターンです。

 

このパターンは友人が結婚や転勤などで急に引っ越しをすることになると、それまで2人で折半して払っていた家賃を1人で払うことになります。

 

そうなると低い家賃のマンション・アパートに引っ越すことになり初期費用や引っ越し費用がかかります。そのときにキャッシングを利用してお金を工面して引っ越すと、家賃を滞納してブラックリストに載る事を防げます。

 

いきなり病気になった時

急にお金が必要になる理由の4つ目は、いきなり病気になる事です。

 

日々ギリギリで生活をしていらっしゃる方は、いきなり病気で入院となると治療費に悩まされます。

 

健康保険証を持っていて高額療養費制度を利用すると一定額以上は戻ってくるのですが、それでも数万円の自己負担があります。

 

治療費を払えるかどうかで悩んでいては精神的ストレスになります。病気を治すために病院に行くのにストレスがあるのもおかしな話しです。

 

治療費はキャッシングで用意して入院しましょう。

 

キャッシングを上手く利用できれば貧乏生活を切り抜け長生きできる

65才を過ぎても高い給料をもらって働いている方はごく少数です。ほとんどの方は年金を受給して生活をしています。国民年金が55,000円、厚生年金が150,000円(両方とも保険料の納付期間により違いがある)です。

Sponsored Links

 

厚生年金の場合は贅沢をしなければ生活をしていける額です。国民年金だと生活がかなりきついです。そんな状態のせいで病院に行きたくても我慢して行かない人が多いです。ですが、それだともちろん病気は治りません。

 

 

「年金受給者はキャッシングを利用出来ないのでは?」と思う方も多いと思いますが、そんなことはありません。確かに年金受給者だと利用できないカードローンも多いですが、年金受給者でもOKなカードローンもあります。

 

「怪しい貸金業者では?」と思うかもしれませんが、皆さんが知っているような銀行にも年金受給者でも借りられるカードローンがあります。

 

貧乏でもキャッシングすればお金持ちになれる方法

あくまでも方法論として紹介するだけで、おすすめをするわけでは決してないのですが、お金持ちになれる方法の一つがギャンブルです。

 

日本の公営ギャンブルは競馬、競輪、オートレース、ボートレースがあります。この中で比較的当たりやすいのがボートレースです。

 

ギャンブルの中でもボートレースは当たりやすい

なぜかというと、出走数が競馬は18頭、競輪は9車、オートレースは8車、ボートレースは6艇で、出走数が1番少ないからです。しかもコースの内側を走る選手が勝つ確率が高いです。

 

内側から1号艇、2号艇、3号艇と並んでいるのですが、1号艇の勝率は約40%、2号艇の勝率は約20%です。1番外側の6号艇の勝率は約6%なので圧倒的に高い数字です。

 

ですので、ギャンブルに詳しい人の間では「ボートレースは当たりやすい」と有名なのです。インスタントジョンソン(お笑いコンビ)のじゃいさんが大金をギャンブルで稼いだそうです。

 

ギャンブルで勝つ方法を「稼ぐギャンブル」という本にまとめています。それを参考にするのも良いかもしれません。注意して頂きたいのは、ネット上に氾濫する「ギャンブル攻略法」の類は詐欺です。

 

そんなものに大切なお金を使ってはいけません。そして、もう一つ重要な事は、収支がマイナスになるようであったらギャンブルをすぐに辞める事です。強い精神を持たないといつまでも貧乏です。

 

株の運用でお金持ちになる?

もう一つお金持ちになれる方法が株の運用です。もちろん昨今の経済状況だと必ずもうかるという事はありませんが、何もしないよりはお金持ちになれる可能性があります。

 

貧乏だともちろん貯金などないでしょうから、「今が投資のチャンス!」という時のためにキャッシングでお金を用意しておくというのも一つの手です。

 

借金の使い方:上級編

上では働かないで収入を得る方法をご紹介いたしましたが、確実なのはやはり働く事です。高収入なのに出費が多すぎて貧乏な人も一部にはいますが、大半の人は収入が低いせいで貧乏です。

 

もちろんその人たちは好んで低い収入の仕事に付いているわけではありません。低い収入である要因の一つは、専門性の高い資格を持っていない事です。

 

昔の日本は身分によってなれる職業は限られていました。でも今の日本は努力次第でどんな職業にもなれます。と言っても可能性がとても低い職業もあります。

 

高収入で思い付く職業の一つは医者ですが、医者の場合は6年間も大学に行かなければならず、貧乏な人が通うのは現実味がありません。

 

医者以外で高収入の職業といえば、弁護士や税理士、公認会計士です。受験資格は必要ないので誰でも試験を受けられます。

 

しかし合格するまではもちろん、弁護士の場合は司法試験に受かった後にロースクールに通う費用も必要になります。キャッシングを利用してそれらのお金を支払い、高収入を得られるようになったら一気にお金を返す方法もあります。

 

Sponsored Links