テレビのCMの宣伝などによって有名になっているのは、たいていの場合は大手の消費者金融機関であって、中堅消費者金融(中規模・小規模の)ではありません。

 

多くの場合は大手で借り入れることが多いでしょうが、そこで断られた場合は中小の消費者金融機関を利用することになるでしょう。

 

では、中小の消費者金融とはどんなところなのでしょうか。どことなく柄の悪そうなイメージが付きまといますが、店舗の構え方やお客への対応などはいたって普通であり、丁寧な接客応対を行っています(そうしないと法に触れる)。

 

しかし、店員の見た目は何かの映画や漫画に出てくる人物のように、いかつい印象を与える場合の方が多い模様です。

 

Sponsored Links

中小の消費者金融の審査はどう?

大手だと無人の自動契約機が設置されているものですが、中小ではありません。審査を申し込む手段としては、インターネットからによるものや、電話連絡や店舗での窓口にて行います。

 

相手の人柄を見たり、疑問に思うことを質問したりといったやり取りをするには、対面による申し込みで審査してもらうのが一番です。

 

大手で断られるような借り入れが難しいお客であっても、店員が何とかして貸すことができないかを検討しながらの審査ができます。大きな問題がない場合は、多くの大手消費者金融と同じく、20分から30分で審査が終わります。

 

中小の場合は基本的にコンピューターによる自動審査は行っておらず、対面形式で人間による審査が基本です。

 

その他、信用に関する情報の照会、本人だと分かる顔写真付きの証明書類、最近2か月分の収入を証明する書類、印鑑などが審査に必要なのは大手と同じです。

 

職業と収入 融資可否の分かれ目は?

職業の種類よりも、現在勤めている会社でどのくらいの期間、働いてきているのかが重要です。

 

もちろん勤務先の会社の規模、安定した仕事内容かどうか、雇用形態は正社員か否かといったことも大切な要素ですが、大手ではそのような点で断られた人が中小に来ているのですから、重視する項目は勤続している年数であり、そこが一番の信用性につながります。

 

そして、収入も多ければ多いほど良いという単純な要素も大切ですが、収入的にあまり恵まれていない人たちが多く来店していることを考えると、収入の多さよりも毎月の支出とのバランスが重視されます。

 

収入が多少低めでも、生活を切り詰めて支出を抑える努力をしている人に、信用性が高いという判断を下されやすいといえるでしょう。

 

なぜなら、そうやって抑えて浮いたお金で返済できると思われるからです。ただ、それでもなるべく、手取り収入がだいたい20万円を超えていることが望ましいといえます。

 

これ以下の収入でも他社からの借り入れがゼロの場合は融資することがあります。

 

在籍確認はあるの?

中小の消費者金融でも在籍確認はあります。お客が勤務している会社に電話を入れ、消費者金融であることは言わずに個人名だけで問い合わせ、本人が実際に勤務しているかどうか確認します。

 

もし、お客が偽装した会社を使っている疑いを持ったときは、電話したときに本人が直接電話に出るまで確認とはなりません(融資した後で判明した場合、返済に滞りがない限り不問に付す)。在籍の確認に関しては、中小でも厳しく行います。

 

キャッシングで中小消費者金融を比較!おすすめランキング

一口に中小の消費者金融といっても、様々なものがあります。

 

営業範囲をその地域だけに限った経営をしているお店や、会社の規模(実際の店舗)を整理縮小した後にインターネットの世界において積極的に営業を始めたお店など、それぞれ特色ある消費者金融がひしめき合っています。

 

フクホー

大阪に本社を構える、小規模ながらも歴史の長い消費者金融です。フクホーでは他の金融機関での延滞など、信用に傷が付く“事故“があったお客でも柔軟に審査します。

 

中小の消費者金融で融資を受けられなかったお客は、ヤミ金融に行くケースが多いのですが、フクホーはそのようなお客に対して審査を行います。

 

リスクの高いお客には新たな貸付額が10万円程度といった低額融資になりがちなところを、フクホーは審査に合格すれば約30万円までの融資を行います。歴史と伝統のある、小規模消費者金融です。

 

フクホーの公式サイトはこちら

 

 

セントラル

愛媛・松山に本社を構える中規模の消費者金融がセントラルです。こちらも長い年月の間、営業を続けてきた金融業者であり、地元の四国では有名です。

 

インターネットによる客集めを積極的に行っており、過去に破産などの経歴があるお客であっても、延滞などがなければ柔軟に審査をする方針を持っています。

 

お客に対する応対の良さなど(コールセンター)評判は上々です。無人で自動的に契約できる“契約機”を設置しています。

 

 

ライフティ

老舗ではなく、新しくできた消費者金融です。前は違う名前の会社であり、信販会社として営業していましたが、ライフティに変わってキャッシングサービス事業になり、本格的な参入を始めました。

 

他にも不動産の担保ローンなどを手がける会社が同じグループ企業としてあり、グループ全体として見ると大規模で、総合的な金融サービスを営んでいることになります。

 

新しい会社ということもあり、接客も丁寧で、審査対象も柔軟に幅広く対応しています。

 

 

プラン

大阪に店を構え、営業年数もそれほど長くない若い会社です。関西地区限定の消費者金融で、ATMを設置して、お客のプライバシーを大切にした形態をとっています。

 

その地域では知られた金融業者であり、大手の消費者金融と張り合いながら事業運営をしています。毎月の返済額は低めに設定されて、無理のない返済計画を立てやすいようになっており、利用者の懐に優しく配慮しています。

 

プランの公式サイトはこちら

 

 

いつも -itsumo-

高知県に地盤のある中規模消費者金融です。高知県ではテレビCMにて盛んに宣伝され、その名は地元において広く知れ渡っています。

 

“いつも”は事業者向けのローンを行っていた会社が母体となって設立された事業者であり、それと別にして個人向けの消費者金融を始めたのが“いつも”です。

 

母体である会社は金融以外の業種(飲食業など)にも手を広げながら、“いつも”を吸収して現在の形(いつも -itsumo-)になりました。

 

ネットを活用して積極的な融資活動を行っており、多角経営での資金力と合わせ成長する見込みの高い業者といえるでしょう。自動で行う契約機も少数ながら設置しています。

 

 

アロー

愛知(尾張)・名古屋にある、まだ若い中小消費者金融です。若い会社といっても、貸金業法に基づく貸金業登録(有効期間は3年間です)の更新に関する手続きを1度行っている会社です。

 

アロー最大の特徴は貸付額の多さと、総量規制の対象外となる法律に基づいた借り換えローンです。

 

他の金融業者からの借金を返すという目的のために借り換えるのであれば、無収入の専業主婦(主夫)でも利用することができます。アローではこの仕組みを利用し、高額な融資を行うことができています。

 

アローの公式サイトはこちら

Sponsored Links

 

 

ビジネクスト

社名から何となく想像できるように、ビジネクストでは事業者(法人・個人事業主)向けのサービスを行っています。

 

アイフルと住友信託銀行がそれぞれ6割・4割の出資を行ってできた会社です。中小・個人事業者は資金に困っているケースが多く、そのリスクが高いということで銀行から思うような融資を受けられません。

 

そんなときにお金を借りることができるのがビジネクストです。金利は高めなので、借り入れは短期間で済ませましょう。

 

 

 

フクホーレディースキャッシング

初めに説明した、大阪に本社を構える、幅の広い審査を行うことで定評があり歴史の長い会社フクホーの、女性向けキャッシングサービスです。

 

スタッフも全員女性です。過去に破産などの経験があるお客に対しても、審査の対象としています。大手の審査に通らなかった女性客にとって、レディースキャッシングの審査では通る可能性が十分にあります。

 

レディースキャッシングのフクホーの公式サイトはこちら

 

 

中央リテール

いくつもの会社から借金をしているとき、それらを一つにまとめてスッキリしたいお客に対するサービス、“おまとめローン”をメインにした消費者金融です。

 

こちらも総量規制の対象から外れるため、通常よりも高い金額の融資を受けることが可能です。以前の契約と比べ不利にならないような仕組みになっていて、金利などの負担も少なく済むように低く定められています。借金を一本にまとめたいお客にとって、便利なサービスです。

 

中央リテールの公式サイトはこちら

 

 

ユニーファイナンス

愛知・名古屋に本社があり、東海地方においてはテレビCMで有名になっている消費者金融です。無人の店舗も設けてあり、それなりの規模を持ちます。

 

現在は融資の地域を拡大するため積極的な事業展開を行っており、以前よりも審査基準が緩和され、借りやすい状況となっています。

 

大手の消費者金融プロミスとも業務提携を行い、東海地方に居住していないお客もATMの活用ができるようになり、その存在感を高めています。

 

ユニーファイナンスの公式サイトはこちら

 

 

スカイオフィス

福岡市に本社があります。融資枠は小さく、10万円程の融資が中心です。その分、審査基準が緩いため、大手での融資を断られてきたお客にとっては、通りやすい消費者金融といえるでしょう。

 

旧社名はニッセイキャッシングです。それほど有名なわけではないですが、健全に運営されています(日本貸金業協会会員)。

 

スカイオフィスの公式サイトはこちら

 

 

アスカキャッシング

インターネットを駆使した営業を積極的に行っており、日本貸金業協会の一員である消費者金融です。50万円が限度額の、使い道を限定しないフリーのローンを主力商品として扱っています。

 

規模はそれほど大きくないものの、悪い評判はないため安心して審査をしてもらうことができます。

 

 

クレジットのニチデン

大阪と奈良で事業展開をする、地域密着型の消費者金融です。審査はそれほど甘くなく、過去に延滞などの経歴があるお客へは貸し出しを行っていません。

 

したがって、審査の対象とはなりません。ネットにおける営業活動を始め、融資を行う地域を広げて集客を図るために、以前と比べると審査基準は緩やかなものになっており、かなりの低金利を実現したサービスを提供しています。

 

ニチデンの公式サイトはこちら

 

 

関東信販「少額ローン」

所在は埼玉県にあり、低金利が売りの中小消費者金融です。10万円程の低額融資が中心ですが、低額でさらに金利も他社と比べて低いため、大手で断られ続けたお客にとって、非常に魅力のある商品内容となっています。

 

会社としての歴史はまだ浅く、新興の消費者金融として、他社よりも低金利で貸し付けてきた実績のある会社です。

 

 

キャッシングフタバ

創業してから50年以上が経つ、歴史のある会社です。それだけに信頼性が高く、金融事故(延滞や債務整理など)の経歴のあるお客であっても、審査の対象としており、現にそのようなお客に貸し付けて来た実績があります。

 

老舗の消費者金融には安定感と実績があるため、大手の審査に通らなかったお客にとって大きなチャンスになります。

 

フタバの公式サイトはこちら

 

 

関東信販「フリーローン」

先ほど紹介した、埼玉県にある消費者金融です。インターネットを積極活用しており、融資の対象とする地域は全国に及びます。

 

フリーローンでも中小消費者金融業界の中でかなりの低金利を実現した商品を提供しており、顧客側にとっては非常に魅力のある内容となっています。

 

 

レディースフタバ

レディースローン商品に注力した営業を行っている消費者金融です。会社名はフタバ株式会社です。無収入の専業主婦(主夫)への貸し付けはできませんが、パートタイマー・アルバイトなどで収入のある女性は融資を受けることができます。

 

信用に傷が付くような経歴が過去にあったとしても、フタバではそのようなお客に対して貸し付けてきた実績がありますので、審査に通る可能性は高いです。女性向けのサービスに非常に力を入れているのが、フタバのレディースローンです。

 

レディースフタバの公式サイトはこちら

 

 

アルコシステム

業歴は30年以上になる老舗の消費者金融です。兵庫県姫路市に本社を構えます。友人や知人を紹介して、融資額が15万円以上の新しい契約を結んでもらった場合は、紹介した人へ現金1万円を贈呈するキャンペーンを行うなど、一風変わった特典があります(融資額5万円〜15万円未満は5000円)。

 

これは会社のホームページから申し込むことで可能です。紹介を受けた友人や知人が申し込んだ後に、新しい契約を10日以内に結んで利用を開始することで、紹介を行った者は謝礼を受け取ることができます。

 

アルコシステムの公式サイトはこちら

 

 

ライオンズリース

愛知県名古屋市にある地域密着型の消費者金融です(創業30年以上の老舗)。融資額が50万円を超えない場合や他社借金の合計が100万円を超えない場合は、収入証明書は必要ありません。

 

いたずらに事業規模の拡大を行っておらず、地域のお客に対する融資を地道に行い続け、堅実な経営を心がけている手堅い消費者金融です。

 

そのぶん営業地域からの信頼が厚く、大手の消費者金融機関がカバーできていないところで根を張ることができています。

 

Sponsored Links