もっとお金が借りたい!でも限度額ギリギリでこれ以上同じ金融会社ではお金が借りられない?

 

他社で借りてもいいけど増額したいと思っている方は必見です。

Sponsored Links

キャッシングで限度額を引き上げる方法

利用実績を作る

今までお金を借りてきたなかで一度も延滞などの行為を行ってないなどが限度引き上げてもらえる要素の一つになります。

 

借入などの増額については一重に借り手の信用度によるところがほとんどといっても過言ではありません。

 

個人の信用情報に悪い要素が載っていればかなり厳しくなります。クレカ、他社で借りている融資、スマホの月々の支払といったものが延滞してないかが重要です。

 

クレジットカードを使っている人やローン返済実績が6ヶ月以上ある人は“借り手もしっかり返済能力がある人物”として信用度が向上します。

 

じゃあ使ってないならいいのかというとそれは違います。使ってなかった物を急に増額して欲しいなんて相手が警戒心をもってしまうからです。

 

増額にはローンをして、ローンをしっかり返済するという実績作りをしましょう。

 

少額から増額を申し出る

いきなり高額の増額を要求しても高確率で否決されてしまいます。借りたまま逃げたりする人やあるいは不正利用とよばれる行為に利用しようとしている人がいるからです。

 

高い増額を申し出ても結局のところ通るのは借り手が借りられる最高の額に過ぎません。増額は少額でコツコツ利用限度額を上げていくべきです。

 

期限より早期に返済している

消費者金融などから借入を行い、その間にまったく延滞がなく、早期の返済、つまり返済期限より早めに完済している状況であれば、借り手の信用が向上します。

 

そのような場合は増額可能になる可能性が高まります。基本的に6ヶ月から12ヶ月返済に遅れがなければ借り手の信用が十分にあると判断され増額が可能なると言われています。

 

そして延滞などなく継続してキャッシングを利用していると金融会社の方から「増額してはどうか?」とメールが送信されてくるケースもあります。そういったケースで増額を申し込めばすんなり増額が決定する可能性が高いです。

 

増額の審査のポイント

増額はそれぞれの金融会社によってまちまちなので窓口に電話するなりまずは聞いてみましょう。増額の審査は最初に金融会社なりでお金を借りる状況と変わりなく新たにお金を借りる事と変わりがありません。

 

ですから再度借り手の返済能力を審査するのは当然ですし、借入当初より増額の、審査の方が厳しいとも言えるかも知れません。

 

「申し込んだ時と働いている場所は変更になってないか?」や「住所の変更がないか」まで調べられます。もちろんよその金融機関でも借入がないかなど徹底的に信用情報、当然増額を申し出る会社の返済状況も調べられます。

 

当然増額をしたいと申請した会社で返済に延滞があれば増額の可決はおりません。逆に申し込みから返済までスムーズに行っていれば増額もスムーズにいきます。

 

増額を受けるには以下のポイントに気をつけましょう

・半年以上の返済実績がある

・延滞は絶対にしない

・法律上、年収の1/3以上のキャッシングはしない

・返済即キャッシングなどの行為を繰り返さない

・働いている先に変化はないか?

etc

 

キャッシング会社などから増額の信用を勝ち取るためには、借入をして半年以上は滞りなく返済し続け実績を作らないといけません。

 

増額はいつから?

具体的に○○月ぐらいから増額してもらえるとは言えないのが現状ですが、銀行やノンバンク等の事情によっても違ってきます。

 

しかしながら増額を勝ち取った人の情報を集めると、

・決まった期間借入を続けている。

・返済を怠ってない。金融事故を起こしてない。

・他社からのキャッシングをしていない。年収の1/3を突破する借入にならない。

 

といったポイントが必要になってくるようです。

 

信用ができるとキャッシング会社から増額の時期を聞ける

増額してもらいたいキャッシング会社等から半年以上継続して借入し、返済も延滞がなく、他社からの借入もない状態であればこちらからキャッシング会社に電話で増額の問い合わせとしてみると増額できる時期などを知らせてくれるそうです。

 

とにかくローンを利用している会社の信用度向上が大事です。相手側も長く付き合う事で顧客の素性が定かになります。少なくとも増額を申し出る期間としては半年から一年の借入期間は必要となります。

 

返済に怠りがないというのも、ちゃんと決まった月々に返済できなければ限度額を増額したところで金融会社側から見れば意味がありません。

 

たった数日返済が遅れただけでも立派な延滞になるので、返済期日の厳守は増額には必須です。

 

年収の1/3を超える借入ができないという総量規制も意外と見落としがちです。それと他社からの借入がある場合はそちらをきちんと返済してからではないといけません。

Sponsored Links

 

例え増額の全ての条件を満たしても他社からの借入があると増額はNGになる可能性大です。

 

増額後は返済額や金利も変わる?

カードローンなどでは限度額が上昇すればするほど金利が安くなることもあります。ただし百万円をオーバーするなど高額な借入に限ります。

 

“利息制限法”というものがあり、借りた金額によって金利が設定されているので、百万円から下になると18%までが限度、百万円を超えると15%以下なります。

 

人によっては金利削減のために増額を申し出る人もいるようです。返済額についてですが、仮に最初30万円ほど借りていたのを50万円ほど増額した場合、限度額が20万円増えて借入も20万増えるとしましょう。

 

すると、毎月おおよそ10,000円ほどアップすることになります。

 

増額申請すると逆に限度額が低くなることも?

減額という行為はキャッシング会社等側がいきなり連絡もなく行われたりすることもあります。

 

顧客の思い付きで減額するケースでは金融会社が指定したATMなどから申請ができます。しかし、その後限度額を戻す時は再審査の増額扱いになるので注意が必要です。

 

増額をする際の再審査で突然減額される場合は金融会社に返済する力量がないと判断された場合です。安定していた仕事、正社員からフリーターになったり他社で延滞を繰り返すなどです。

 

増額と言ってもあらたに借りる審査を受けるのと同義なのです。ですからその際に年収が大幅に減っていたり、他社からの借入をしていたりすると総量規制に引っかかる行為に繋がり利用限度額が下がってしまいます。

 

限度額引き上げより他社借入が良いケースも?

借入の増額にもいくつか悪い点もあります。まず審査の長さがあります。限度額の増額審査は3日~4日かかります。

 

また増額される金額も一概には言えませんが10万円ずつぐらいです。すぐお金が必要な人や10万円程度の増額じゃ足りないという人は、他社で借りた方が良いかもしれません。

 

しかんしながら、複数の金融機関からのキャッシングは後で増額を申し出る際などに不利になったり、利息を多大に取られるケースがあるのも事実です。

 

しかし健全なキャッシングを心がけるなら一社のみからの借入をお勧めします。

 

キャッシングと年収の利用限度額の関係

最初の利用限度額設定

まずお金を金融機関から借り入れる時に審査を受けます。審査の項目として顧客になる人がどのくらいの年収があるかが必須になります。

 

借りる金融機関が消費者金融のケースですと総量規制、つまり年収の1/3以上は貸せないので、年収がどのくらいあるかは大事な情報になります。

 

審査を通ると、利用する限度額が決定します。その際どれほどが年収に影響されるかというと、ローン等の契約の条件に“安定した収入”があります。

 

審査では生活を続けながらちゃんと返済できるのかを見られます。つまり継続的にお金を返していける環境にいるかをチェックされるのです。仮に最初限度額50万円キャッシングできるとして、50万円返済能力がいるわけではありません。

 

50万円キャッシングして返済する必要がある金額は1万円程度となります。そうなると貸す側から見ればある程度安定した収入があれば問題ないということになります。

 

要は継続性のある返還能力が求められるのです。次に審査の対象となるのは個人の信用です。個人信用情報を確認されます。最初のローン審査等に利用限度額に年収の大小ではそれほど左右されないという事がわかります。

 

もちろんキャッシングする時に最低限の収入は必須となります。そして最初にお金を借りる時などの利用限度額は信用などありませんから低めになります。

 

利用限度額引き上げと年収の関係

年収が大きく関わってくるケースでは最初の借入から実績を積んでいった後に行う利用限度額の引き上げ。つまり増額の時です。

 

元の金額が増せば返済しなければならない金額も当然増えますから、求められる返済能力も高いものが要求されます。信用を積み重ねていっても借金を返せるあてがなければ意味がありません。ですから金融会社は年収の大小に注目します。

 

安定した収入があれば、仮にフリーターでもカードローン等の審査は通ります。その代わり低収入であれば借りられる金額も少なめになります。ですが最初に借入する際は信用度があまりないので他者とも限度額であまり差はありません。

 

ですが、これが再び審査を受けての、限度額の引き上げとなると、話は別です。低い年収ですと増額の審査をパスするのは大変厳しくなってきます。

 

ですから年収は最初に限度額を設定するケースですと必要なだけあればよいのですが、限度額の引き上げ、つまり増額になるほど大きな存在になってきます。

 

Sponsored Links