海外旅行や出張の際には買い物やチップなどで必ず現地通貨が必要になりますが一番お得に現地通貨を手に入れるためにはどうすればよいのでしょうか?

 

ネットではクレジットカードでのキャッシングが便利でお得とありますが詳細を解説していきます。また海外でも使えるおすすめのカードをいくつかご紹介していきます。

 

Sponsored Links

ドルへの両替は選択肢がたくさんある!海外両替はクレジットカードがお得?

両替のタイミングはいくつかありますがどこで行うのが一番良いのか迷うと思います。手数料はそれぞれ全く異なりますし金額が大きくなればなるほど手数料の金額も大きくなります。

 

まず日本を出発する前から現地に到着するまでの間で両替ができる機会を紹介します。

 

(主な現地通貨の取得場所)

・日本国内の銀行や外貨両替ショップ

・日本国内の空港

・現地の空港

・現地のホテルや外貨両替ショップ

・現地ATMでクレジットカードによるキャッシング

 

この中でもっともおすすめなのが現地ATMでクレジットカードを使ってキャッシングするやり方です。おすすめする理由としては海外キャッシングの場合金利はかかりますが両替手数料は発生しないからです。

 

余分な手数料がかからないので実質の為替相場に近いレートで現地通貨を手に入れることができるのです。

 

日本ではキャッシングをしないが海外旅行の時だけ利用するという人もいるぐらいお得なのです。また金利について気になる人もいると思いますが日本に帰ってからすぐに繰上返済をすれば少額に抑えることも可能です。

 

なので金利を考慮しても海外キャッシングがもっとも元金以外に必要なお金を抑えることができます。他のやり方の場合両替時に為替相場に加えて各場所で設定した両替相場が上乗せされています。

 

この両替時にかかる手数料は場所にもよりますが非常に高額になることもあり両替をしたら大幅に減ってしまったということもあります。

 

特にリゾート地や都会の街にある現地ホテルでの両替手数料は非常に高くなりますし、国内・現地問わず空港の両替所は全体的に高い傾向があります。

 

また外貨両替ショップは両替時に発生する手数料で利益を生み出しているので店舗によって大きく異なりますが少なからず手数料がかかることは間違いありません。

 

クレジットカードによる海外キャッシングの金利計算

金利が具体的にどのぐらいになるのかイメージできるように1ドル=80円で10万円分の両替を行った場合について比較したいと思います。

 

◎銀行や両替所の場合

平均すると1ドルあたりおよそ3円ほどの両替手数料が上乗せされるので1ドル=83円と換算して計算することができます。

 

10万円=1250ドルなので両替手数料は1250×3円=3,750円になります。

 

◎トラベラーズチェックの場合

トラベラーズチェックとは現地で現金を持たなくても済むように発行される旅行小切手になります。小切手なので使用する際には毎回サインが必要になるので万が一盗難や紛失をしても悪用されることはないので安心です。

 

トラベラーズチェックは換金する金額によって手数料が異なりますが10万円の場合2,000円になります。

 

◎国際キャッシュカードの場合

現地の銀行やATMで自分の口座に入っている現金を引き出す方法ですが平均すると3%の手数料がかかりさらにはATM利用手数料210円が上乗せされます。

 

10万円引き出そうとすると10万円×3%+210円=3,210円の手数料がかかります。

 

◎海外キャッシングの場合

金利14.6%で借入期間は14日で全額返済したとすると利息は10万円×14.6%÷365日×14日=560円になりこれにATM利用手数料210円を加算した770円が元金以外に必要になる金額になります。

 

このように海外キャッシングは圧倒的に手数料が安くなることがわかりました。

 

さらにクレジットカードの種類によっては海外キャッシング時のATM利用手数料が無料のところもありますのでこういったカードを持っているとさらにお得になります。

 

海外ATMの利用方法

海外キャッシングがお得なことはわかりましたが海外ATMの使い方がわからないという人もいると思います。中には言語設定から日本語表記を選択できるATMもありますが基本的には英語表記になります。

 

【主な英語表記と意味】

・Insert Your Card…カードを入れてください

・Enter Your PIN Number…暗証番号を入力してください

・Select a service…サービスを選んでください

・Balance Inquiry…残高確認

・Deposit…入金する

・Transfer…送金する

・Withdrawal…お金を引き出す

・Get Cash…お金を得る

・Select Withdrawal Account…どこからお金を引き出すか

・Saving Account…普通預金

・Checking Account…当座預金

・Credit Card…クレジットカード

・Please Select Withdrawal Amount…いくら引き出しますか

 

海外キャッシングを利用する際は「Withdrawal」「Get Cash」「Cash Advance」のように表示されているボタンを押した後「Credit Card」選択し借入金額を入力すると完了です。借入の際は現地通貨の単位に合わせて入力するようにしましょう。

 

海外キャッシングの注意点

海外キャッシングは手数料が安く非常にお得ですがいくつか注意しないといけない点もあります。

 

◎利用可能限度額の確認しましょう。

出発前に必ず確認するべきなのが海外キャッシング枠の上限金額についてです。自分が持っているクレジットカードにキャッシング枠がいくらあるのか調べためにコールセンターに連絡をしたらそもそもキャッシング枠がついていなかったということも過去にはあったので要注意です。

 

新たにキャッシング枠を設定するためには審査の関係上日数がかかることもあるのでできるだけ早めに確認しておきましょう。

 

◎1回の利用限度額に注意しましょう。

海外のATMでは1回あるいは1日に引き出せる金額が制限されていることがありますので注意が必要です。

 

この制限金額はATMを設置している業者によって異なりますので現地で確認するようにしましょう。

 

◎安全な時間帯に安全な場所にあるATMを利用しましょう

海外にあるATMも24時間いつでも利用できることが多いのですができるだけ日中の明るい時間に利用し、また空港や金融機関付近に設置されているATMを利用しましょう。

 

海外は日本より治安が悪いことがほとんどなのでキャッシング後に襲われるリスクも少なからずありますが時間帯と場所に気を付ければ問題ありません。

 

◎カスタマーセンターの連絡先を事前に調べておきましょう。

クレジットカードが盗難に遭ったり紛失してしまった場合はすぐに利用停止する必要があります。特に海外の場合は一度無くすと戻ってくる可能性は低いので迅速な対応を心掛けましょう。

 

カスタマーセンターではカードの緊急再発行や緊急キャッシングにも応じてくれることもあるので連絡先を調べておいて損はないでしょう。

 

◎帰国後はできるだけ早く返済しましょう。

キャッシングの金利は利用日数によって大きく変わりますので帰国はできるだけ早く返済しましょう。

 

自動引き落としの返済日を待たずに帰国日に繰上返済で一括で支払うともっとも金利が安く済みます。場合によっては金利が10分の1ぐらいになるケースもあります。

 

おすすめのクレジットカード一覧

◎三井住友VISAクラシック

・発行期間

最短3営業日

 

・年会費

1,250円(税抜)

初年度は年会費が無料になり次年度も条件付きで無料になります。

 

・家族会員年会費

400円(税抜)

 

・旅行損害保険

最高2,000万円の海外旅行損害保険

 

・ショッピング補償

年間100万円

 

・利用可能限度枠

総利用枠…10~80万円

カードショッピング…10~80万円

リボ払い/分割払い利用枠…0~80万円

キャッシング利用枠…0~50万円

 

・利率

18.0%

 

・支払い方法

1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い

 

・支払日

15日締め翌月10日払い/月末締め翌月26日払い

 

※どちらかを選択できます。
・国際ブランド

Sponsored Links

VISA/MasterCard

 

・還元率

0.4~1.0%

 

・マイレージ

ANA

 

・マイル還元率

1ポイント=1.5~3マイル

 

・三井住友VISAクラシックの特徴やメリット

ポイント1.海外に強いVISAブランド

VISAは世界でもっとも加盟店が多いので利用できる国も200ヶ国以上になります。海外のホテルやショッピングモール以外にも街中にある小さなレストランなどでも利用できるので海外旅行や出張の際に欠かせないです。

 

ポイント2.安心して海外旅行や出張に行くことができる

言葉も通じない海外ではトラブルに巻き込まれることがあり持ち物の盗難やカード利用時の悪用なども稀に起こると言われています。

 

そんな時に役に立つのが三井住友VISAクラシックの海外旅行保険とショッピング保険です。海外旅行保険は最高で2,000万円、ショッピング保険は年間で100万円までの保証が付いています。ブランド品などを購入する機会もあると思いますし必須のサービスになります。

 

ポイント3.ステイタスと信用の両方を兼ね備えている

銀行系のクレジットカードの中でもステイタスと信用の両方を兼ね備えている定番のカードになります。そのため銀行系カードを初めて作る人が申し込む傾向があります。

 

ある程度の水準を保つために安定収入とクレジットヒストリーに問題がない人が対象になりますのでアルバイトの人や就職したばかりの人は審査が厳しくなる可能性があります。

 

三井住友VISAクラシックの公式

 

◎JCBEIT

・発行期間

最短3営業日

 

・年会費

永年無料

 

・旅行損害保険

最高2,000万円の海外旅行損害保険(自動付帯)

 

・ショッピングカート保険

年間最高100万円

 

・融資利率

15.0~18.0%

 

・返済方式

毎月元金定額払い/ボーナス併用払い/ボーナス月のみ元金定額払い

 

・遅延損害金

年20.0%

 

・還元率

1.0%

 

・マイレージ

ANA/JAL/DELTA

 

・マイル還元率

1ポイント=3マイル

 

・JCBEITの特徴やメリット

ポイント1.JCBEITはリボ払い専用カード

一般的なカードの場合分割払いや一括払いなどの支払い方法を選択できますがJCBEITはリボ払いのみになります。リボ払いは利用金額や借入金額の残高ごとに毎月一定の金額支払っていく方法なので毎月の負担が少なくて済みます。

 

支払額は自分で決めることができるので翌月支払いの際に全額返済するとリボ払いの手数料がかからず実質1回払いと同じしくみになります。

 

ポイント2.海外旅行損害保険が自動付帯

JCBEITには最高2,000万円までの海外旅行損害保険が自動で付いています。年会費が無料のカードの中で海外旅行損害保険が自動でついていることは珍しく、海外での万が一の事故やトラブルに備えられる安心のサービスです。

 

また適用範囲は事故や怪我だけでなく物品の破損や盗難も含まれます。

 

ポイント3.常に還元率が高くお得

OkiDokiポイントというJCBが独自で展開するポイントサービスプログラムがありショッピング利用1,000円ごとに1ポイント付くのですが、JCBEITを利用するとそのポイントが2倍になります。

 

その還元率は1.0%となるので一般的な水準よりも高くなります。

 

◎セディナカード

・発行期間

およそ3週間

 

・年会費

永久無料

 

・利用可能限度枠

1~200万円

※ただし新規申込の場合は上限金額50万円

 

・利息

実質年率上限18.0%

 

・遅延損害金

年20.0%

 

・返済方法

翌月1回払い/残高スライド定額リボルビング払い

 

・返済期間と回数

最終借入日から最長8年2ヶ月(1~98回)

 

・担保・保証人

原則不要

 

・海外ATM手数料

24時間無料

 

・ブランド

VISA/MasterCard/JCB

 

・還元率

0.5~1.5%

 

・マイレージ

JAL

 

・マイル還元率

1ポイント=0.5マイル

 

・セディナカードの特徴やメリット

ポイント1.安心してショッピングができる

国内だけでなく特に海外でのショッピングの場合はカードの不正利用や紛失、盗難が心配という人も多いと思いますがセディナカードには各補償サービス付いています。

 

ショッピングに関しても購入日から180日間の最高50万円までの補償がついています。

 

ポイント2.セディナカードは普段使いにも便利

最近コンビニやスーパーなどでの利用が便利になり2014年以降セブンイレブンやイトーヨーカドーでの利用ポイントが3倍になりました。これは還元率が1.5%に相当にします。

 

このポイントはグループで取り扱っている各種アイテムと交換ができます。

 

ポイント3.年会費無料のプロパーカード

年会費が永久無料のセディナのプロパーカードになります。利用金額によってポイント付与率が上がるシステムになっています。

 

また国際ブランドも3種類(VISA/MasterCard/JCB)の中から自分で選ぶことができるので利用用途や地域に合わせて選択するようにしましょう。

 

以上の3種類になりますが中でももっともおすすめなのが三井住友VISAクラシックです。

 

これらの他に使用する分だけを事前に入金しておくプリペイドタイプのカードもあります。クレジットカードとは異なるので与信審査もなく手軽に発行できるカードとして最近人気が出ています。

 

中でも手数料が国内最安値のマネパカードは特に利用者が増えています。

 

 

◎マネパカード

・年会費

無料

 

・1ヶ月の最大利用可能金額

最大50万円

 

・ブランド

MasterCard

 

・還元率

利用金額の最大2%

 

・外貨両替手数料

手数料相当額0円

 

・マネパカードの特徴やメリット

ポイント1.FX運営会社が提供するカードなので手数料が安い

マネパカードは1つのカードの中に5種類の海外通貨(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル)をチャージすることができる非常に便利なカードですが気になるのは手数料だと思います。

 

しかしマネパカードには海外ショッピングの際に利用手数料はかからず、チャージの際の為替レートに合わせて両替手数料のみが必要になります。

 

マネパカードを発行しているマネーパートナーズはFX運営会社なので銀行などと比較すると両替手数料は安く設定されているので非常にお得です。

 

ポイント2.海外キャッシング機能付き

海外は日本に比べると治安が悪く必要以上の現金やカードを持ちたくないと思いますが、そんな人も安心して使えるのがマネパカードです。

 

ショッピング機能以外にもキャッシング機能がついているので利用限度枠内であれば提携しているATMからいつでも必要な分だけ現金を引き出すことができます。

 

以上になりますが、現地に着くまでに現地通貨を全く持っていないとなると少し不安だと思いますので最低限だけ国内で準備していき、残りは海外キャッシングをして帰国したらすぐに返済するというのがもっともおすすめです。

 

マネパカードの公式

 

 

Sponsored Links