最近ではキャッシング含め銀行系のカードローンであっても即日融資が可能となってきています。

 

各地に両方とも自動契約機が設置されており、様々な申し込み方法が確立されてきました。

 

特に今ではネット申し込みによる即日融資が楽に行えますね。つまり、生活環境に応じて様々な申し込み方法を利用できるようになったのです。

 

ですが、自動契約機とネット申し込みのどちらの方が早くキャッシングができるのかが分からないですよね。

 

そこで、今回は自動規約機とネット申し込みのメリットとデメリットを比較していきたいと思います。

Sponsored Links

 

自動契約機のメリットとは

自動契約機とは例えばアコムの「むじんくん」が挙げられますね。各業者はこういった機会を各地に設置しており、機械の簡単な操作だけで人と会う必要もなく申し込みを完了させることができます。

 

また、機械の操作が苦手な方にはアイフルの「てまいらず」といった無人機を利用すると良いです。

 

「てまいらず」では無人ボックスにて電話のオペレーターと通話することで契約を簡単に済ますことができるのです。

 

自動契約機は平日を含め、土日祝日も営業をしておりますが、在籍確認をしたうえで即日キャッシングが可能となりますので、在籍確認がとれる時間帯・曜日に申し込みを行う必要があります。

 

ローンカードもその場で発行することが可能で、提携しているコンビニや併設されたATMにてすぐにお金を借りることができます。

 

自動契約機のデメリットとは

ですが、自動契約機のデメリットとしては無人店舗まで足を運ぶ必要があり、手間をかけないといけません。

 

また、自動契約機が設置されている無人店舗では一般的に営業時間が決まっているので、毎晩遅くまで仕事がある方は利用できない可能性もあります。

 

ですので、会社員やOLの方は利用するのが難しい場合もあります。

 

とはいっても、最近は自動契約機の場合でも21過ぎまで対応しているケースもあり、仕事が終わった後でも申し込みが可能な所も増加してきているのです。

 

急に夜遅くにお金が必要になった場合は自動契約機を利用すると良いですね。

 

24時間対応しているネット申し込みのメリット

ネット申し込みが可能なメリットとしては24時間利用できることが挙げられます。

 

店舗契約または自動契約機の場合は営業時間に縛られますが、ネット申し込みであれば24時間好きな時に申し込みが可能となります。

 

ですので、仕事が忙しかったり、帰宅後にゆっくり申し込みを完了させたい方にはネット申し込みがおすすめです。

 

ですが、ネット申し込みの場合は申し込み完了後にすぐにお金を借りることができないこともあります。

 

ネット申し込みのデメリット

ネット申し込みにおいて、一般的に即日融資が可能な時間帯は決められており、指定された時間帯を過ぎると、即日融資を受けられなくなります。

 

また、ネット申し込みの場合は即日その場で現金を受け取ることも出来ません。

 

つまり、銀行へ一度振り込み融資をして貰わないといけないので、結局現金を受け取るにはATMや銀行へお金を引き落とす必要があります。

 

ですので、現金を受け取るためには結局外出しないといけないので、手間的には自動契約機と変わりはありません。

 

ですが、口座自動引落を利用していて、前日に残高不足だと判明した際には、カードローンといった銀行振り込みによる融資がおすすめですね。

Sponsored Links

 

結局は自動契約機とネット申し込みのどちらがおすすめ!?

自動契約機とネット申し込みのどちらがおすすめかは、自身の希望している融資の形を考慮したうえで決める良いです。

 

”どの時期”に即日融資を受けるのかは事前に確認することが大切となるのです。

 

現在の最速の即日キャッシング方法とは

現在は自動契約機とネット申し込みのどちらのメリットも取り入れた申し込み方法が主流となっています。

 

つまり、収入情報や住所などのを登録して、ネット上で審査を済ましておくことで、カードは自動契約機にて発行されるようになったのです。

 

ですので、仕事のお昼休憩に抜け出して申し込みが完了できない方でも、昼間にネット申し込みを済ませることで、その後はローンカードを無人店舗で受け取るだけになるのです。

 

また、アイフルではネット申し込み者に対しては、本人確認専用のフリーダイヤルを利用できます。基本的にインターネットから申し込みが完了すると、担当者から電話にて本人確認をしますが、申し込みが集中しているタイミングでは本人確認の電話が遅れてしまうのです。

 

こういった場合に、自分から本人確認専用のフリーダイヤルを利用することで、本人確認をする時間を短縮できるのです。

 

また、一部の消費者金融では、源泉徴収や給与明細などの書類を提出することで、職場への在籍確認が不要となる場合もあります。ですので、勤務先が定休日で在籍確認が出来ない状態の時は電話で担当者に相談することをおすすめします。

 

電話によるキャッシングはどうなの?

上記で挙げたお金を借りる方法も最速のキャッシングとなりますが、その他にも店舗や電話、郵送といった申し込み方法が挙げられます。

 

いち早く即日融資を受けたい方はネット申し込みからの自動契約機への流れが最速のキャッシング方法でおすすめです。

 

逆に審査が不安と思われる方は店舗または電話よる申し込みがおすすめで、返済の意思があることを伝えると良いです。

 

また、電話による申し込みは、職場への在籍確認を事前に防ぐことができます。ネット申し込みの場合は、情報が金融業者へ届いた時点で、すぐに業者が所属している会社へ在籍確認をしてしまう可能性があります。

 

最速でキャッシングを受けたい方は銀行系カードローンよりも消費者金融の利用をおすすめします。

 

郵送による申し込みはどうなの?

郵送による融資の申し込みは最低でも1週間はかかると思っていいでしょう。流れとしては、以下になります。

1、電話による書類の送付を依頼

2、書類が届いたら記載して返送

3、金融業者が調査をして、電話にて結果が伝えられる

4、カードと契約書類が自宅へ届く

5、カード受領の手続きを済ませる

6、融資が決まる

 

封筒をポストまで持っている手続きが非常に面倒なので、即日キャッシングを希望している方にはおすすめできない方法となります。

 

窓口も最速で即日キャッシング可能?

自宅の近くに店舗がある場合は、即日キャッシングが可能な1つの方法となりますが、審査中は店舗にて拘束されてしまう可能性があります。

 

ですので、ネットも最短で30分で即日キャッシングが可能となりますので、まずはネットによる申し込みを済ましてから、自動契約機へ向かう流れの方が時間的にも縛られません。

 

Sponsored Links