こんにちは。銭ゲバ男子です。

 

キャッシングをする時に、気になるポイントがどこまで身辺調査されるのかが挙げられます。

 

これはキャッシングする時に審査が通るまでにどの程度身辺調査されるかといったポイントだけではなく、キャッシングをした過去があれば、就職活動の採用の時にも会社がキャッシングの有無を調べるのかが気になりますね。

 

そこでキャッシングの会社がどこまで身辺調査を行っているのかを具体的に解説していきたいと思います。

Sponsored Links

キャッシングは信用度を確認する!

貸した側が利益を得るためには、金利が上乗せされた状態で貸し付けした金額を返済してもらう必要があります。

 

返済されなければ損をしてしまうので、返済を確実にしてもらえるかどうかを、申し込みの段階で審査する必要があるのです。

 

つまり、申し込み者の信用度を確認しているのです。もし保証人や担保がない場合は自身の信用だけでお金を借りることになります。

 

このケースは返済できなくなれば、貸し倒れのリスクがありますので、慎重な審査が必要となるのです。

 

保証人不要の場合は保証会社が保証をする?

担保や保証人が不要の借金の場合は保証会社からの保証を受けることができます。

 

保証会社は債務者が返済できない時に、代わりに借入先へ返済をしてくれるのです。

 

保証会社も単にリスクを負っているのではなく、保証料を借入先から得て利益を得ているのです。

 

保証料の多くは金利の一部となっているのです。保証会社から保証を受けるためには保証会社から審査を受けなければなりません。

 

保証会社にはモビットやアコムなどの大手消費者金融が保証会社になっていることもあります。

 

審査で確認すべきポイントとは

審査で確認すべきポイントは以下になります。

・年収、勤続年数、勤務先

・個人信用情報

・持ち家の有無や家族構成

 

とはいっても、審査のハードルは借入先によって変わってきます。どのポイントを重要視するかは借入先にって違ってくるのです。

 

個人情報で最も大切なポイントとは

個人情報では以下の項目を重要視しています。

・直近の支払い状況

・事故情報が有るかどうか

・他社の借入状況

 

事故情報の有無とは

延滞経験や債務整理などの事故情報があれば、確実に審査に通ることはありません。

 

例えば、毎月期日内にクレジットカードや借金の支払いが期日に1日でも遅れてしまうと遅延マークが登録されてしまうのです。

 

毎月返済や支払いを確実にする人物であることを証明することが大切です。

 

例えば、他社からの借入がある場合は新規の借金の積み重ねによって毎月の支払いが厳しいと判断される可能性もあります。

 

勤続年数や勤務先、年収によって安定性が確認される

高額の収入があれば、借金の審査が通りやすいという訳ではありません。安定した収入があると判断されには勤続年数や勤務先が重要視されます。

 

収入を得る勤務先が確認される在籍確認よって、審査が始まります。

 

また、勤続年数が長いと審査には有利です。例えば、1年未満であれば、契約終了や転職・退職するいった不安があると思われます。

 

雇用形態に関しても、やはり正規雇用が圧倒的に有利なりますが、金融業者によっては主婦や学生、アルバイト、パートでも利用可能なケースがあります。

 

ですが、勤続年数といった収入の安定性が大切なので、少なくても1年以上は勤続したほうがいいです。

 

持ち家の有無や家族構成も申し込みの審査対象

借金の審査で重要なポイントは家族構成も挙げられます。独身であれば、全ての収入を自分に使用することができます。

 

ですが、結婚して子供がいる場合は、生活費や教育資金の出費が大きいと判断されます。例えば、収入が多くても支出が大きい場合は返済の返済能力に不安を持たれてしまいます。

 

また、持ち家があれば、簡単に住所を変えることができないので、夜逃げされる心配もありません。

 

賃貸物件の場合は引越しが簡単にできてしまうので、1年未満の住居年数の場合はすぐに転居されてしまうリスクを考慮されてしまうのです。

 

ですが、審査のポイントとして家族構成が挙げられますが、身辺調査が行われることはありません。

 

身辺調査ではなく、個人情報と申し込み時の内容が大切となります。

 

大手キャッシング業者でない場合は身辺調査もある?

大手のキャッシング業者の場合は、信用調査程度や、金融事故、安定した収入があるかの確認となりますが、中小のキャッシング業者であれば、身辺調査をしているところもあります。

Sponsored Links

 

大手のキャッシング業者で借り入れが不可となれば、信用調査でお金を貸せない方となります。

 

こういった方は中小のキャッシング業者を利用することになりますが、やはり、信用調査で貸せないと判断された方にお金を貸すのはリスクがありますので、身辺調査を徹底しているキャッシング業者もあるのです。

 

中小のキャッシング業者の身辺調査の内容とは

例えば、会社の勤務態度や会社は問題がないか、または家族は何をしているのかが調査されます。

 

大手で借りれない方がどうしてもお金を借りたい気持ちから、中小のキャッシング業者の身辺調査にも仕方がなく受けている方も多いです。

 

身辺調査が入ると、事細かく電話で聞かれるので、不快な思いをすることもあります。ですので、誰にもバレないで借入することは難しいこともあります。

 

返済の延滞が起きると大半が身辺調査に入る

キャッシングの身辺調査は基本的に過去の履歴と金融業者へ提出した書類の情報と元に属している会社への電話になります。

 

貸す段階にもならないで、その都度身辺調査をしていては、消費者金融側も資金と時間が足りません。

 

ですが、1ヶ月程度の延滞をしてしまうと身辺調査が始まる可能性が高いです。例えば、親族、近隣住民、親族への聞き込みから始まります。

 

消費者金融は身辺調査を主な仕事としていませんので、外部に身辺調査を委託していることが多いです。

 

 

身辺調査をされると、生活がし辛くなることもありますので、借入は計画的に行うことをおすすめします。

 

就職・転職先に身辺調査の結果は伝わるの?

キャッシングの業者はプライバシー(個人情報)の管理を徹底していますので、就職・転職先に身辺調査の結果が伝わることもありません。

 

会社自身も身辺調査にそれほどお金をかけていません。キャッシング業者が個人情報を開示する時は、警察などに情報を提出する時や事件性がある時となります。

 

とはいっても、ブラックリストに乗らないように、返済期日を守り、金融トラブルを起こさないことが大切です。

 

学生ローンを利用していても全く就職や転職の面接に響くことはありません。

 

金融業界への就職・転職は借金の状況を調べる?

基本的に一般の企業は不採用の理由を公表する義務はないです。

 

ですので、金融業界の場合は採用担当者が個人の信用情報をこっそり確認しても表沙汰になる事もないのです。

 

つまり、日常的に信用情報が確認されている可能性もあるといえるのです。

 

ですので、何度の返済を延滞してしまったり、自己破産をした経験がある方は金融業者へ就職することは難しいといえます。

 

クレジットカードでも所有する分には問題ありませんが、リボ払いやキャッシング枠の使用は控えた方がいいです。

 

金利があるリボルビング払いは長期的に返済する必要もありますので、ローンと捉えられることもあるからです。

 

警備関係の仕事は借金の状況を調べる?

また、警備関係の仕事に就きたいのに借金がある場合も身辺調査されて面接で確実に落とされるといえます。

 

なぜなら、本来、警備関係の仕事は現金や機密情報または高額な商品を取り扱うのに、借金がある方が警備関係の仕事をしていると、出来心でよからなくことをしてしまう可能性があるからです。

 

借り入れがあるのに、面接で嘘をついてもバレてしまうので、面接では正直に借り入れしていること、その使い道について話した方がいいです。

 

また、転職や就職で内定をもらった段階で身辺調査が行われることもあります。面接の段階でキャッシングなどの借り入れした理由が正当であることを伝えると内容をもらえる可能性もあります。

 

調査をする際には事前に委任状や同意書に署名押印が求められますので、勝手に身辺調査される心配はありません。

 

審査における細かな注意点

細かな注意点としては携帯電話料金の支払いの延滞が挙げられます。機種代を分割払いに選択している場合は、ローン契約の扱いになるのです。

 

携帯料金に関して、1度だけ延滞とかは特に問題ありまません。延滞を61日以上した場合に限り、ブラックリスト登録されてしまうのです。

 

Sponsored Links