近年、企業が利用しているのが“ファクタリング”の資金調達の活用です。

 

企業の間で決済方法とされている手形をファクタリング代行業者が支払う方法があります。

 

支払う方法は2種類あり、一括と個別の割引方式があります。

 

Sponsored Links

ファクタリングの「一括割引方式」とは

一括割引方式はファクタリングを使い契約の際に、入金方法の1つとして選ぶことができます。

 

一括割引方式(一括ファクタリング)を選択した場合は、手形決済日かファクタリング業者が決めた日に割引をした金額が全額、入金されます。

 

ファクタリング業者と契約の際に一括割引登録申込書を書面で一括方式を選んでください。

 

一括割引方式のメリットとしては、割引料が低めに設定さていて全額入金ということです。ですが、デメリットとしては日にちを決められないことが挙げられます。

 

7508-1450089207-3

 

ファクタリングの「個別割引方式」とは

ファクタリング利用時での個別割引方式による入金方法とは、売掛金先の企業の請求額が発生するたびに割引入金できる日を選択できることです。

 

申し込み金額は全額か一部で選ぶこともでき 、所定の書面で金額を設定し日にちを選択することもできます。日にちは、ファクタリング業者の指定した日から選ぶようになっている方法を、決めているファクタリング業者が多いようです。

 

個別割引方式のメリットとでは、割引入金できる日を自社で自由に決められ入金金額の設定もできるということです。しかし、デメリットもあり割引料の設定が一括割引方式より高めに設定されています。

 

個別割引方式の割引料が高めに設定されていますが、自社のニーズに合わせられるという良さもあります。どちらの方法も途中で変更できるので、2つの方法を試してみて最終的に、どちらかを選択する方法も得策です。

 

ファクタリングの決まった割引料率

 決まった割引料がどのように決まるのか気になるとこですが、それにより取引業者によって違いが出てくるのかを説明します。

 

・ファクタリングの相場

ファクタリングの割引といっても、3社間ファクタリングと2社間ファクタリングが存在しているので、どちらを選ぶかによって割引率の違いがあります。その割引率を比較することからはじまります。

 

2社契約と3社契約での違いとは

・2社間ファクタリング

割引率が高いケースが多く、売掛債権額の10~30%前後の設定が多いようです。

 

・3社間ファクタリング

割引率が低い設定が多く、売掛債権額の1~5%前後の設定が多いようです。

 

売掛債権は売掛先の規模や債権金額・取引・支払いサイト・諸費用を含めて決められていきます。

 

2社間ファクタリングでは契約内容によって、支払う側のリスクが高くなるために、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングでは差の開きがでます。

Sponsored Links

 

7508-1450089207-3

 

割引率を決める重要点

・売掛先の与信

売掛先が大手や上場企業なら審査では有利になるとしても、割引率を下げることをファクタリング業者では判断していません。しかし、売掛先が大手ほど交渉の際に大切なことです。

 

・買い取り債権金額

ファクタリング業者は倒産などを視野に入れて買い取りをするために、初めての契約では月商の30%ぐらいが基本的に多いです。

 

ファクタリング業者がよく買い取りをするのが1件で100万円前後ですが、相談内容によっては、更に大きな金額でも買い取りをする場合があります。

 

・履歴

履歴は過去に利用を決めたファクタリング業者を使用したことがあるかどうかです。

 

初回買い取り金額はリスクなどがあるため金額が低めに設定されているので取引を少しでも作ることで割引率を抑えられるようになる可能性があります。

 

繰り返し利用することで信用ができ、大きな買い取り金額でも割引率を抑えて取引ができるかも知れません。

 

割引率の基準

ファクタリング業者によって違いあるので基準を知ることも大切です。あとは、自分の会社の与信を把握することも大事です。

 

年商が1億円以上では15%前後・5000万円~1億円未満では18%前後・5000円未満では20%前後ともいわれているようです。

 

資金化・現金化の方法

資金化・現金化の方法によって違いがあり、割引日数によっても違いがあります。また、債券の掛け目も取引先の信用度で違いがあります。

 

ファクタリング業者によって、さまざまな違いがあり、まだ国の法律上でも割引率は定まっていないのが現状です。

 

割引料率を抑える要点

少しでも割引料率を抑えて契約する大切なことは、ファクタリング業者は当然、気に掛けているのがリスクの高さです。ですので、ファクタリング業者に契約時にリスクが低いということを数字や実績で補うことです。

 

信頼を得ることで契約の際に割引料率に変化が出てくるかも知れません。

 

ファクタリングにも高い設定で契約をする業者も増えてきています。しかし、ファクタリングを知ることで少しでも割引料などを低い設定で契約できるようになります。

 

資金調達プロで即日ファクタリングをしてもらうには!?

 

7508-1450089207-3

 

Sponsored Links