新しい資金調達の方法として近年注目を浴びているファクタリング。しかし、その仕組みや使い方を知っていなければ、安易に使っていいものではありません。

 

経済の知識がそこまでなくても、理解できやすい仕組みになっているので資金繰りに頭を抱えている人やこれから事業を立ち上げる人は知っていて損はないです!

 

Sponsored Links

ファクタリングの仕組みとは?使い方を簡単に説明

ファクタリングで資金を調達したいと考えている業者はファクタリング会社に売掛債権、つまり数ヶ月後に入ってくる売り上げの回収できる権利を売買取引します。

 

するとファクタリング会社から売掛金を売却した資金を業者は手に入れる事ができるのです。

 

会社の売り上げは良いのに、仕入れや人件費が追い付かず経営が回らないなどそういった会社は売掛金を売買することによって早めに資金調達ができます。

 

するとキャッシュフローが改善し銀行などに対する信用も保てます。

 

7508-1450089207-3

 

ファクタリングの流れとは

三社間ファクタリング

(1)債権の発生:業者がサービスや納品を行い、数ヶ月後にその売り上げを対価として受けると売掛債権が生まれます。

(2)契約:早期の資金繰りが必要になった場合などファクタリング会社と契約します。

(3)売掛先の会社と契約:ファクタリング会社、業者、売掛先の三社間で結びます。

(4)契約通りに売掛先に債権の価格を確認します。

(5)ファクタリング会社に売買する債権の価格を通知します

(6)ファクタリング会社から売掛先業者へ債権の価格の最終確認が行われます。

(7)ファクタリング会社から手数料を引いた額の資金が債権の代わりに業者に渡ります。

(8)期日がきたら売掛先からファンタリング会社に売掛金が支払われます。

 

二社間ファクタリング

(1)業者と商売相手との間に売掛債権が発生します。

(2)二社間ファクタリングのケースですと、あくまで契約はファクタリングと業者の間でなされ、売掛先には非通知になります。

業者はファクタリング会社から売掛債権の回収代行を委ねられます。

(3)ファクタリング会社から業者に手数料を引いた資金が渡ります。これで債権はファクタリング会社に移ります。

(4)業者が売掛先から債権を代行回収します。

(5)業者が回収した売掛債権をファクタリング会社に譲渡します。

 

ファクタリングの重要なポイントとは

ファンタリングには売掛債権が必要不可欠となります。他にも受け取るサービス料なり商品の対価なりです。請求書が発行になっていましても、売り上げが実際のキャッシュになって入金されるのはあとの事になります。

 

ファクタリングはお金が入ってくるまでの待ち時間を縮める意味でも有用になります。ファクタリング会社と利用者が契約を完結させることで、債権を専門の会社に売る事ができます。

 

専門の会社に売るには“債権譲渡契約”や“集金代行業務委託契約”を結ぶことが必須となってきます。

 

ファクタリング会社から直接の入金となりますので、売掛先から支払ってもらうよりかなり早めに資金が手に入り、仕入れや社員の給与などにあてることができます。

 

2社間のファクタリングの必要性

現在でも日本の大企業が売掛金の売買を認めていないところが多くあり、中小規模の会社では売掛債権売買について認めないという空気があります。

 

この空気に怯え中小規模の企業などは大企業と取引が止められるのではないかと懸念していたりします。そんな事から売掛先を含めた三社間のファクタリング売買がなかなか成立しづらいという問題があります。

 

二社間はおおよそ債権回収不能になった場合ファクタリング会社が損失をこうむる可能性が高いです。一度目の取引から回収不能になる場合も多々あります。

 

お金が返してもらえない場合を考えて手数料は平均で15%から25%と高く設定されていますが、二社間は取引回数が増えていけば業者の信用度も増え、債権の売買手数料も低くなっていくようです。

 

売掛先に経営状態は探られるなど、よけいな疑問を持たれずにファクタリングが可能な二社間ファクタリングは、手数料は高めです。ですが、ファクタリングを成立させる上においては重要な手段となります。

 

7508-1450089207-3

 

ファクタリングと融資を比較

資金調達におけるリスク

銀行や消費者金融の融資とファクタリングにはそれぞれ良いところと悪いところがあります。資金を得るときのコストを見てみましょう

 

・融資

資金を得る時のコストは基本的にファクタリングより安価だと言えます。融資のケースでの利息が年間で最高でも2割です。

 

・ファクタリング

売掛金を現金化する間に最高でも25%もの手数料を取られるケースがあります。融資とファクタリングのコストを比較した場合、融資の方が有効のようにみえます。

 

債権回収不能の場合

・融資

売掛金が焦げ付いてしまい資金調達ができなくなっても借りたお金は返さなければなりません。償還請求権(融資側の保証制度)がある融資には売掛先の会社と接点はなく、あくまでどんな経営状態になっていても融資した会社からお金を返済してもらう権利があります。

 

・ファクタリング

おおよその場合ファクタリング契約を凍結するケースでは償還請求権がないケースが多く、完全に債権をファクタリング会社に売ってしまうので、回収不能のケースではその損失をファクタリング会社が丸被りすることになります。

経営状態が悪化した場合、売掛金が焦げ付いた場合でも一度売掛金を売ってキャッシュにしているファクタリングでは業者は損失がなく、融資のケースでは借りたお金は返さないといけません。この場合、融資よりファクタリングの方が安心できるかもしれません。

 

ファクタリングの審査の項目

・信用度

まず、保有している会社より何より取引先の信用度が優先となります。なぜならファクタリング会社は売掛先が倒産してしまうと買い取り分損失を被ってしまうからです。

 

・売掛金回収日までの日数

債権譲渡を受けて資金を払うファクタリング会社ですが、“売掛金を買い取って譲渡のお金を支払ってから、その売掛金回収までの日数”が近ければ近いほど良いのです。

ファクタリング会社にとってはリスクが軽減されます。つまりファクタリングを利用する業者にとっては譲渡する債権の回収日が短いほど審査が通りやすくなります。

 

・利用する業者の信用

三社間で行われるのならば、ファクタリング会社に取引先から売掛金が入ってきますので、利用している業者の信用はあまり関係がありません。

しかし、これが二社間になると、売掛金を回収するのは業者になるので、売掛金回収後即倒産などという危険もはらんでいます。

こういうケースを回避するためにもファクタリングを利用する業者の審査が必要になってきます。信用力を図る目安としては、資金繰りの状態や、他社からの借金、税金の滞納などのあるなしなどが審査対象となります。

また経営者の人格も審査対象となります。この誠実さに欠けるようだと、ファクタリング会社に支払うべき債権を、他の借金のために使ってしまう、人件費、税金に使うなどという事が起こりうるのです。

Sponsored Links

ですから、審査では経営者の人柄、面接での対応力、必要な書類がいい加減に書かれていないかなどチェックされます。嘘や面談への近くなどかなり厳しい減点になる事を心しておきましょう。

 

・譲渡登記

売掛金を譲渡されるにあたり、公的にファクタリング会社のものになったということを現す必要がります。それが第三者対抗要件を獲得することで可能になります。

これがないと、売掛金を売買した業者が勝手にその売掛金を他の事に流用した場合など訴訟になった時、有利に事が進めません。

逆を言えば、譲渡登記ができるということはファクタリング審査を通りやすくさせます。

 

・資金調達の、額のバランス

例えば月商が200万ほどしかないのに600万の債権売買を希望するのは過去になかった案件を意味します。過去に例がない取引をすると以下のようなリスクが起こりやすいのです。

それは、売掛先が破たんしてしまう、ファクタリングをしている方が破たんする、売掛金そのものに問題があり入金されない、などがあります。

おおよそ月商の半額ほどだとファクタリング審査には良い評価が出やすいそうです。

 

7508-1450089207-3

 

契約するうえでの重要なポイント

ファクタリングでは面談が必須となります。自らファクタリング会社に出向くか、出張対応してもらいましょう。

 

また契約書や委任状に押印する印鑑が印鑑証明書の印影と合致するのか見なければなりません。契約を体面形式でやるにはこのような理由があります。

 

契約の時に印象を悪くしたくないという気持ちから難しい書類が出されても質問せずに印鑑を押してしまう人がいるようですがそれは経営者として失格です。

 

どんな小さな事でもしっかり確認してから判を押しましょう。押してからあれは間違いだったと裁判を起こしても後の祭りです。

 

ファクタリングの手数料とは

だいたい二社間でのファクタリングの手数料は二割ほどです。200万円の債権取引になりますとファクタリング利用業者が受け取るのは160万円ほどになります。

 

また数ヶ月継続で同じファクタリング会社を業者が利用している場合などは良行な関係が築けているために少しずつ手数料が安くなっていきます。

 

売掛先に通知する三社間ファクタリングにおいて売掛先信用が上がれば、ほとんどファクタリング会社にはノーリスクになるため、手数料も僅か1%から5%程度で済みます。

 

ようはファクタリング側が高いリスクを負う契約では手数料は向上し、低ければ手数料は安くてすむ構造になっています。

 

ビジネスローンの金利と比較

ビジネスローンは平均年率が10%から15%(月率換算だと1%前後)、ファクタリングの手数料が月率1割から3割ほどで、ビジネスローンが低金利になります。ではビジネスローンを借りればいいじゃないかという事になります。

 

ですが、ファクタリングはほぼ売掛先の信用度が必須なのであって企業の信用状態はあまり関係ありません。

 

赤字決算だからビジネスローンから融資が受けられない時など、わざわざ審査が緩いビジネスローンを探すより、ファクタリングを選択した方が確実に資金調達できます。

 

ファクタリングの会計処理の仕分け

まず業者に売掛債権が発生します。これを3000万円としましょう。売掛金発生時、仕分けの左に売掛金3000万円、右に売上3000万円が発生します。これは売り上げができ、受取手形や売掛債権取引をしたケースのよくあるパターンのものです。

 

そしてファクタリングに売掛金を譲渡するケースでは、売掛金譲渡時に仕分けの左に未収入金3000万円、右に売掛金3000万円が発生します。

 

この段階は売掛金が業者からファクタリング会社に移った仕分けです。代わりに“未収入金”が発生します。そして売掛債権早期支払い時に移ります。仕分けは左に現金2850万円、債権譲渡損150万円、左に未収入金5000千万円となります。

 

債権譲渡損は手数料を現しています。基本的に手数料は5%から20%あたりだと言われており、ここでは仮に5%の手数料がかかっていると想定したケースを紹介しました。

 

ファクタリングの種類とは

一択ファクタリング

売掛債権をファクタリング会社が買い取り手数料を引いた額を業者に支払う手法です。“二社間ファクタリング”や“三社間ファクタリング”があります。

 

違いは売掛先に売掛金の譲渡を通知する手法が三社間ファクタリングでリスクが分散される分、手数料も安価になります。また、売掛金はファクタリング会社が徴収するので、手間が省けます。

 

二社で行う場合は、取引先は一切関係なくて、ファクタリング会社と業者の間だけで売掛金が動きます。しかし、三社の時と違い売掛金の回収は業者自ら行わなければなりません。

 

医療報酬債権ファクタリング

ファクタリング会社が医療機関や国民保健または社会保険の債権を買い取り、キャッシュにすることです。一択との違いは債権にあります。

 

医療の場合は、医療報酬が債権となり支払う側が国民健康保険や社会保険であるということです。

 

介護報酬もしくは調剤報酬も医療報酬債権ファクタリングに含まれます。他は三社で行う時とさほど変化はありません。医療機関が行うファクタリングだということがポイントです。

 

保証ファクタリング

一択ファクタリングとの違いは売上の債権についてその金額の保証、保険的な業務を行います。

 

一択ファクタリングが債権を売買取引するのとは違い、あくまで保証で留まっているところです。

 

売掛先が業績不振などに陥り売掛金が回収不可能などになった場合、ここで保証ファクタリングの保証があれば、売掛先の代わりに売掛金をキャッシュで支払ってくれます。

 

納品やサービスを提供する会社が不安定な経営をしているケースなど、保険代わりに使うというファクタリングになります。

 

国際ファクタリング

海外と貿易をしている会社に対してファクタリング会社がその業者の輸出債権を買い業者に即キャッシュという形で提供するサービスになります。

 

一択ファクタリング会社との違いは債権が“輸出債権”ですので、グローバルに世界規模の金融会社と取引します。

 

また、貿易では信用状というのがあります。これは銀行が代行として輸入者の商品代金支払いの保証を担当するという行為です。

 

これにより輸入車の商品を手に入れる場合に起こるリスクを回避でき、確実に手に入れられるかどうかのリスクを回避します。

 

その結果今度は輸出者側の代金回収の危険性も回避でき、信用状は商品の売買をスムーズに行うために作られたシステムです。

 

この信用状に関連して起こる金額支払いの時間差、負担を軽減するために海外債権を利用したのが国際ファクタリングです。

 

事業資金の1000万円を最短即日調達可能?資金調達のプロとは!?

 

7508-1450089207-3

 

Sponsored Links