企業のファクタリングの利用が増えてきている状況ですが、個人事業主ではファクタリングの利用が可能なのか気になる個人事業主は多いはずです。

 

そこで、本当に利用が可能か不可能なのかを説明しています。また、ファクタリングを詳しく理解することが大切です。

 

Sponsored Links

個人事業主は一般的にファクタリングができない?

事務手続きで不備が多い?

個人事業主からのファクタリングの利用となると、どうしても契約書類の準備が遅く、また、書類の不備が多いことから、ファクタリング会社としては取引を断るケースもあります。

 

事務手続きに必要となる売掛先の企業との取引証明書や発注書や領収書などの書類を個人事業主では使用してないケースが多く存在しているので不備が多くなる理由です。

 

契約を申し込みする前に、ファクタリング会社に必要書類を確認するのも大事です。ファクタリング会社によっては、契約を交わす際の書類に違いがあるからです。

 

法人では書類が決裁などで必要になることが多く慣れており、ファクタリング会社の契約書類の不備が少なくスムーズな為、ファクタリング会社は法人との取引を優先しています。

 

取引額が少額?

個人事業主は、法人と比較すると、概ね売掛金が少額な会社が多く、ファクタリング会社との取引も当然低額取引となります。

 

ファクタリング会社の基本的な取引額は、最低で100万円と言われています。その為、月の債権額が100万以下の債権では断れるケースがあります。

 

個人事業主は不安定な債権が多く、安定した売掛金債権を保有できないと、ファクタリング会社とは取引できません。

 

そのことから、個人事業主がファクタリング会社との契約をできない理由として挙げられています。

 

個人事業主や債権の信用がない?

ファクタリング会社の信憑性として個人事業主と法人では、法人の信用度を高く見ます。

 

個人事業主の信用が低くみられるのは、取引内容や帳簿などの改ざんなどの可能性が疑われたりします。

 

税理士など金融専門担当に依頼しないまま、ファクタリング会社との契約をすると、専門知識の低さを見られ、信用されないケースがあります。

 

売掛金債権の信用度が低く見られるケースもあります。個人事業主が取引できる額以上の債権を持っていても、売掛先の会社の信用度が低いと断れるケースもあります。

 

ファクタリング会社との契約を交わす際に重要な信用は、個人事業主と売掛先の会社の信用性が大切となります。

 

税金や社会保険などの支払いが延滞や滞納していると信用されにくいので、早期改善をすることが大事です。

 

7508-1450089207-3

 

融資の種類と各々の審査基準とは

・銀行融資

銀行が融資の判断を決める際には必ず審査が必要ですが、その時に面談と必要書類の用意をすることです。

 

融資審査となるキーポイントが、資金活用の明確化は必須となります。銀行のイメージにも繋がるので融資理由と融資を受ける事業主のイメージは大切です。

 

必要書類の判断で事業主の返済する能力があるかを判断します。あとは、担保の設定額を決めて融資の可否を決めます。

 

・JFC(日本政策金融公庫)

銀行やノンバンクと違い国が運営する金融公庫で金利が低いので個人事業主が良く利用しています。

 

審査対象となる、個人事業主・中小企業・起業予定者・など、あらゆる分野で貸し付けをおこなっています。

 

金融公庫は銀行で借り入れを断られた方でも審査対象になり、金融公庫だけの審査基準で判断して、クリアできれば融資が受けられるようになります。

 

金融公庫の審査では保証人が必要となりますが、融資金額に応じて人数が変化します。保証人に求められるのは、経済面と返済能力の有無が審査対象になります。

 

また、JFCを利用していることにより、信用性の面で評価が上がるので、審査に通過できる可能性も高くなります。

 

売掛金自体の信頼性が低く証明できない?

売掛金自体は、他の債権との全く別として扱われ、売掛債権自体に形が無い状態で扱われています。

 

直接証明できる受取手形や、金銭消費貸借契約書もできるものがあります。しかし、間接的に売掛金の存在を証明するには、書類で説明しないといけません。

 

売掛金自体の信頼性を高める方法としては、各種の書類を全て揃えて提出する必要があります。

 

対策としては、得意先との締結する取引基本契約書や実際に発生した納品書や請求書などです。

 

個人事業主の欠点としては、書類の不都合が多くあり、全て揃わないことでファクタリング会社からの信用や証明が低く見られる傾向です。

 

個人所有と事業資金の区別がつきにくい

譲渡代金は事業運営資金に活用するように規定されています。

 

生活費と事業資金を混合して使用している事業主は意外に多く、仮に規定を遵守していたとしても、個人事業だと区別されにくいのが現状で、

 

事業資金として活用していないのではないかと疑われやすいために、ファクタリング会社の利用ができないことが多くあります。

 

法人では、事業資金と個人の支出の違いを区別しているので、ファクタリング会社には疑われることはありません。

 

7508-1450089207-3

Sponsored Links

 

個人事業主がファクタリングをする方法

ファクタリング会社が個人事業主と契約しない主な理由が信頼や信用不足が致命的な欠点となっています。

 

そこで、個人事業主でも信頼や信用などを事前に対策して、ファクタリング会社に申し込みをすると利用できる可能性が高くなります。

 

信頼や信用などを少しでも上げてファクタリング会社と契約する方法と信頼や信用などが低いままで、

 

少しでもファクタリング会社と契約できる可能性が高くなる方法をピックアップしていきます。

 

信頼や信用度upできる方法

・法人挌の入手

個人事業主という肩書がファクタリングを利用できないのであれば、個人事業主から法人手続きをして、法人化することで信頼度アップに繋がり利用できやすくなります。

 

法人になると、ファクタリングの利用目的以外にも信頼度がアップして、事業資金の融資の際に借り入れできる可能性が高くなります。

 

・税理士などの金融専門に依頼をすることも大切

資金運用などのサポートを税理士に委託している場合には、金融専門なのでファクタリング会社と取引をする場合には、有利になることがあります。

 

それは、税理士は金融専門で信用性の高い職なのです。なので、ファクタリングに成功した税理士に任せることで利用できる可能性が高くなるようです。

 

・HP(ホームページ)の作成

インターネットを利用して、ホームページを掲載することにより、ファクタリング会社が掲載欄を見て安心して取引できるようになります。

 

掲載欄としては自社の事業内容や取引先などを載せるだけでも、信頼・信用度が上昇にも繋がりやすくなります。

 

・記帳・資料・書類・は必ず取っておくことが大事

ファクタリングを利用するには必ず必要書類の提出が求められます。

 

その為にも、売掛先と交わした書類・取引契約書類・発注書・領収書などのコピーと記帳をおこなうことが大事になります。

 

ファクタリング会社は自社の信用や信頼度をチェックするだけではなく、売掛先の信用・信頼性も重視しています。その際に、書類は大事な役割を果たしています。

 

・入金期日を少しでも短くすると有利になりやすい

売掛債権の期日が長すぎると、ファクタリング会社は嫌がる傾向があります。ファクタリング会社もリスクを負いながらの融資となるからです。

 

ファクタリング会社を利用する前から売掛債権を少しでも短く回収するように努力することも大事です。それにより、ファクタリング会社と契約ができる為の前進にもなります。

 

・税金・社会保険料などの延滞や滞納を避ける

税金や社会保険料・年金などの支払いが滞るとファクタリング会社に信用性が低くなるので滞納をしている場合は、減額制度などを利用して支払いを済ませることが大事です。

 

公共の支払い対象には、相談窓口があるので利用して、少しでも払えるようにしていくとファクタリング会社と契約できる可能性が高くなります。

 

信頼や信用が低いままでも契約の可能性を高める方法

個人事業主がファクタリング会社の利用をする場合は、少しでも早く資金が必要と思っている事業主が多いはずです。なので上記に書いてあるような解決策には時間が掛かりすぎます。

 

そこで、すこしでもファクタリング会社と契約できる為の、3つのポイントを紹介します。

 

・多くのファクタリング会社に相談

現在、日本国においてファクタリング会社は増加の傾向にあります。システム自体は同じでも、規定や審査条件などはそれぞれ違います。

 

例え一社がダメでも諦める必要はありません。ファクタリング会社によっては小口の契約も可能な会社もあります。

 

しかし、悪質なファクタリング会社もありますので、焦らずじっくりと良心的で信用できるファクタリング会社を選別したうえで、可能な契約プランがあるか相談しましょう。

 

ファクタリング会社にも、得意とする分野の契約があるので、ファクタリング会社の情報を多く知ることも大事です。

 

どのファクタリング会社が良いか迷ったときは、ウェブサイトを利用するのもスムーズな契約に繋がるといえます。

 

今では、ファクタリング会社を紹介している事業も多く設立されていますので、ぜひ利用しましょう。

 

・希望条件を低く設定する

ファクタリング会社と契約の際の条件を、少しでもファクタリング会社の希望の添えるような条件を提示するのも大切です。

 

少しでも早く、資金調達に近づけるための打開策の提示が必要になります。その条件として、掛け目や利率が少し高い場合でも、妥協することが契約の近道となります。

 

個人事業主の場合には法人との契約と違って、足元を見るファクタリング会社もあります。あまりにも、条件と違う場合には注意が必要です。

 

・資金調達法を別の視野で考える

複数のファクタリング会社と契約できない場合には、他の資金調達法を考えることも大事になってきます。

 

担保で利用できるローンや融資事業も豊富に存在しています。この場合には返済しないといけないのですが、少しでも早く資金を調達する方法として考えられます。

 

個人事業主は資金調達プロで10秒診断してもらおう!

 

7508-1450089207-3

 

Sponsored Links