医療機関は設備にお金がかかりますが、診療報酬が入るのはおよそ2ヶ月後であるため、資金繰りに悩んでいる経営者の方も少なくありません。

 

銀行で融資してもらおうと思っても開業して間も無いばかりに信用がなく借りられないケースもあります。

 

そんな時に助かるのがファクタリングです。ここでは、ファクタリング会社の一つである、株式会社gcmの特徴などをご紹介いたします。

Sponsored Links

ファクタリングでgcmの特徴

医療機関も利用できる

ファクタリングの種類は様々あり、ほとんどのファクタリングは一般企業しか利用できません。

 

しかし、株式会社gcmのファクタリングは医療機関の利用が可能です。それは、医療報酬債権ファクタリングという種類のファクタリングだからです。

 

医療報酬債権ファクタリングは、診療行為を行って発生した医療報酬債権を買い取ってもらってお金を得るファクタリングです。

 

そういった理由から、医療機関がファクタリングを申し込むことが可能になっています。

 

介護給付費や障害者自立支援給付費の債権のファクタリングも行っているので、介護サービス事業所や障害福祉サービス事業者が申し込む事も可能です。

 

3社間取引のみ

ほとんどのファクタリング会社は3社間取引だけではなく、2社間取引も取り扱っています。

 

ファクタリングを申し込む側とファクタリング会社の2社だけでファクタリングを行うのが2社間ファクタリングです。

 

取引先に通知しない取引なので、取引先に知られる可能性が低いです。そのため、他社からのイメージを気にする日本の企業は2社間取引を選ぶケースが多いです。

 

株式会社gcmは3社間取引のみです。しかし、医療報酬債権の請求先は一般企業ではなく、国なので知られたからと言って不利益を被ることは一切ありません。

 

医療報酬債権ファクタリングを行っている会社は3社間取引のみで、株式会社gcmだけではありません。

 

年中無休

多くのファクタリング会社は平日のみの営業で、土日祝日は休みです。しかし、株式会社gcmは年末年始を除き、年中無休です。

 

土日祝日休みのファクタリング会社は、当然ですが土日祝日はファクタリング業務が進みませんし、そもそも相談すら出来ません。

 

ですので、そのようなファクタリング会社に申し込むとお金が手元に入るまでが遅いので、ファクタリングを利用する意味があまりなくなってしまいます。

 

株式会社gcmは年中無休なのでファクタリングの手続きがスピーディーに進み、最短で3日でお金が手元に入ります。

 

手数料が低い

3者間ファクタリンングは医療報酬債権の請求先に知られてしまいます。しかし手数料が低いという大きなメリットがあります。

 

 

2社間ファクタリングでは、ファクタリング会社は、申し込んだ会社が倒産し入金されないリスクを抱えています。そのため、2社間取引は手数料が高く設定されています。

 

3社間取引は債権請求先からファクタリング会社に直接入金されるものです。それゆえ、入金されないリスクは低いので、手数料は5%前後に設定されています。

 

株式会社gcmも例に漏れず手数料が低いです。

 

オフィスに行かなくてもOK

ほとんどのファクタリング会社は、申し込む側がファクタリング会社のオフィスに赴いて面談してもらわなければなりません。

 

ファクタリング会社は東京にオフィスを構えている事が多く、地方に住んでいる人はわざわざ東京に足を運ばなければなりません。

 

株式会社gcmも東京にオフィスを構えていますが、面談が必須ではなく、必要書類をメールかFAXで送信するだけで良いので、地方に住む方でも気軽に申し込めます。

 

コンサルティング業も行っている

ファクタリング会社はファクタリングのみを行っているケースが多いので、資金調達をすることしか出来ません。

 

株式会社gcmはコンサルティング業も行っているので経営について総合的に相談できます。

 

ファクタリングでgcmの口コミや評判

・介護サービス事業所を運営している40代前半男性の口コミ

「自分自身が親の介護を経験したことをきっかけにデイサービス事業所を立ち上げました。

Sponsored Links

介護で大変な方を助けたい一心で働いていますが、経営状態は厳しいです。私だけではなく周りの同業種の人は事業所を閉める人もいて、私も事業所を閉めようかと思う時があります。

しかし、利用者やそのご家族様から感謝されると嬉しいですし、もし本当に事業所を閉めて利用者が困ることになったら申し訳ないと思い、事業所を続けています。

ある時、まとまった資金が必要になったので途方に暮れていると、知人がファクタリングという資金調達方法があると教えてくれました。

大至急gcmに電話して相談しました。すると、それから1週間で資金を調達する事が出来ました」

 

・新しく病院を開院した30代後半男性の口コミ

「私はずっと総合病院の勤務医として働いていました。しかし、当然の事ですが自分のしたい治療が行えず、その事にジレンマを抱えていました。

それで思い切って自分自身が院長になって新たな病院を作ることにしました。

そうなると大変なのがやはり資金面です。総合病院で働いていた時の蓄えと銀行からの融資でどうにか開院にこぎつけましたが、出費が思ったよりも多かったです。

もちろんそれなりにお金が必要な事は分かっていましたが、ここまでとは思いませんでした。

それでも開院からコツコツ働いていたのですが、設備資金を追加で支払わなければならなくなりました。

そんな時、診療報酬債権を買い取ってもらって資金が手に入る方法がある事を知りました。すぐさまgcmに連絡を取り診療報酬債権を買い取ってもらいました。

おかげで、開院してすぐに訪れた経営の危機を脱する事が出来ました。」

 

・老人ホームを運営する50代後半男性の口コミ

「以前は他の業種の会社を営んでいたのですが、これからますます介護分野への需要が多くなると見込んで老人ホームの運営に乗り出しました。

やはり予想通り入居者は多く、少しぐらいは社会貢献になっているのかなと嬉しい気持ちになります。

ですが、国からの介護報酬が引き下げられたので、経営は順調とは言えません。どの事業所も同じような状態なので、お互い励まし合いながら頑張っています。

とは言っても、1年の間で数回資金ショートを起こしているのでどうにかならないかと思っていたところ、ネットでファクタリングの事を知りました。

ファクタリングについて更に調べていると、gcmはファクタリングだけではなく介護事業所のコンサルティングも行っているので、これは丁度良いと思い相談しました。

経営についてアドバイスをもらい、その通りにする事で資金ショートを起こすことが無くなりました。」

 

・歯科クリニックを営んでいる40代後半男性の口コミ

「クリニックを開いてから20年以上が経ちます。長い年月が経っているので医療機器を入れ替える事にしました。

銀行には定期的に融資してもらっており、追加融資は受けられませんでした。消費者金融で借りると金利が高いですし、何より、これ以上負債を増やしたくないと思いました。

ある日、経済専門誌を読んでいるとファクタリングが紹介されていて、これなら負債にならないので、今の自分には合っている資金調達の方法だと思いました。

どのファクタリング会社に申し込もうか悩んでいたところ、ファクタリング会社は東京に集中していることを知りました。

私は東京から遠く離れたところに住んでいるので、東京に行くのはかなりの負担です。

gcmはオフィスに行かなくても良いので、多忙な私にとってありがたかったです。資金を調達した後、無事に医療機器を入れ替えることが出来ました。」

 

gcmよりもおすすめ!?事業資金調達プロで即日ファクタリング!?

 

7508-1450089207-3

 

Sponsored Links