イオンカードはイオングループの各店舗をよく利用する人に非常におすすめのクレジットカードです。

 

毎月定期的に実施される割引サービスを受けることができたりイオンの電子マネーに交換できるポイントを貯めることができるので主婦の方などカードを普段使いする人から圧倒的に人気があります。

 

そんなイオンカードですがショッピング以外にも利用方法があるのですがまだまだ知らない人も多いと思います。

 

イオンカードには他のカードと同様にキャッシング利用ができるようになっているのですがその使い方などに関しては少し異なる部分もありますので詳細を解説していきたいと思います。

 

Sponsored Links

イオンカードについて

イオンカードはイオン銀行が発行するクレジットカードで全国に展開するスーパーやシネマコンプレックスの会員カードを兼ねたものです。

 

カードの種類はいくつかありますが基本的には入会費や年会費は無料なので自分の用途に合わせて自由に選ぶことができます。

 

 

○特典1.お客さま感謝デーは5%割引

毎月20日と30日のお客様感謝デーの際にイオンカードで支払いをすると買い物金額から5%割引になります。さらにイオンカードを見せるだけでも割引適用になるので非常にお得です。

 

 

○特典2.お客さまわくわくデーはポイント2倍

毎月5日・15日・25日のお客さまわくわくデーの際にイオンカードあるいはWAONで支払いをすると通常よりときめきポイントが2倍になります。

 

 

○特典3.リボときめき5倍デーはポイント5倍

毎月5日・15日・25日のリボときめき5倍デーの際にイオンカードを使ってリボ払いをすると200円ごとに通常よりときめきポイントが5倍になります。

 

ただしポイント2倍キャンペーンとの併用はできないことになっています。

 

 

○特典4.G.G感謝デーは5%割引+ポイント2倍

毎月15日はグランドジェネレーションという55歳以上の会員限定でG.G感謝デーを実施しており買い物金額から5%割引になることに加えてイオンカードで支払いをすると通常よりポイントが2倍になります。

 

 

○特典5.Wポイントデーはポイント2倍

毎月10日のWポイントデーの際にイオンカードで支払いをするとポイントが2倍になるのです。

 

ですがこの日はイオングループの各店舗以外での買い物もキャンペーン対象になるので買い物する場所が限定されず幅広く利用できます。

 

 

イオンカードのポイント制度

イオンカードにはポイントプログラムが導入されておりときめきポイントと呼ばれています。ときめきポイントの還元率ですが支払いの際に200円(税込)利用するごとに1ポイント貯まります。

 

毎日の買い物や公共料金の支払いを行うことができます。ポイントの有効期限は24ヶ月で1ポイント=1円相当のWAONポイントに変換できるのでこのポイント使って支払いができます。

 

通常の還元率は0.5%と決して高くはありませんがイオンカードはポイントキャンペーンを定期的に実施しているのでそのタイミングで利用すると非常に高い還元率で利用することができるのです。

 

イオンカードキャッシングとは

イオンカードには特典がたくさんあり持っているだけでも非常にお得だということがわかりましたがここからはそのキャッシング機能について解説していきます。

 

◎商品詳細

・借入可能金額

1,000円~300万円

 

※イオン銀行ATMでは1,000円単位で借入ができますがその他の方法では1万円単位の借入になります。

 

・借入利率

実質年率7.8~18.0%

 

・遅延損害金

実質年率20.0%

 

・返済金額と回数

最終借入から最長57ヶ月(57回払い)

 

・返済方式

1回払い…元利一括返済方式

リボルビング払い…残高スライド元利均等返済方式

 

・担保/連帯保証人

不要

 

◎リボ払い支払い算出

(1)ご利用があったときの締日残高(2)月々のお支払い額

(1)1円~100,000円     (2)3,000円

(1)100,001円~200,000円 (2)6,000円

(1)200,001円~300,000円 (2)8,000円

(1)300,001円~500,000円 (2)15,000円

(1)500,001円~700,000円 (2)20,000円

(1)700,001円~900,000円 (2)25,000円

(1)900,001円~1,000,000円 (2)30,000円

 

イオンカードのキャッシングは海外でも利用可能

◎海外でキャッシング利用

イオンカードのキャッシング機能は日本国内だけでなくVISA/MasterCard/JCBが提携しているATMがあれば海外でも現地通貨を借入することができます。

 

旅行や出張の際にわざわざ両替所に行って現地通貨を調達しなくても街中やコンビニでもATMさえあれば引き出すことができます。

 

世界150ヶ国以上におよそ96万円台の利用可能ATMがあり必要な時に必要な分だけ借入できます。

 

 

◎海外ATMの利用手数料

キャッシングの際にはATM利用手数料がかかります。

・1万円以内の場合…108円

・1万円超えの場合…216円

 

 

◎海外キャッシング時の返済方法

返済方法はリボ払いの1種類のみになりますが国内での利用時と同様に返済額の増額ができるので帰国後すぐに全額返済をすると非常に安価な金利に抑えることができます。

 

空港やホテルでの両替手数料と比較してもキャッシングを利用した方が安くなる場合が多いので借入金額や期間を考えた上で利用しましょう。

 

イオンカードは総量規制の対象外になる?

◎ショッピング枠・キャッシング枠と総量規制

Sponsored Links

一般的なクレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がそれぞれ設定されおりその範囲でのみ買い物や借入ができます。

 

このキャッシング枠については貸金業法が適用されそこで定められている総量規制が重要になります。

 

総量規制とは年収の3分の1以上の貸付を業者が行ってはいけない、つまり借入できる金額に上限があるということです。

 

ただしこの総量規制というのは貸金業者が対象になり銀行からの融資に関しては対象外になります。

 

◎イオンカードは総量規制の対象外

イオンカードは以前まではイオンクレジットサービスという貸金業者が発行していたので総量規制の対象になっていたのですが、イオングループの経営統合によって発行会社がイオン銀行に変わりました。

 

そのためイオンカードは総量規制の対象とはならずショッピング枠とキャッシング枠の総利用可能枠があり実質的にはキャッシング枠はショッピング枠の一部から利用している形式になります。

 

この点が他のクレジットカードと異なる点で一つの特徴であります。

 

イオンカードキャッシングの審査基準

満18歳以上の人で返済能力がある人が融資対象になりますが、学生や主婦の人で年収が低くても安定的に収入があれば問題ありません。

 

また未成年者の場合は親の同意が必要になり電話連絡ができることも重要な基準の一つです。過去に金融事故がなくブラックリストに載っていない人であれば基本的には審査に通りますので安心してください。

 

イオンカードキャッシングのデメリット

◎デメリット1.金利が高い

金利については実質年率7.8~18.0%になるので一般的な消費者金融の大差がありませんがクレジットカードのキャッシング機能ではこのぐらいの水準になることがほとんどです。

 

キャッシング機能の便利さ以上に金利が気になってしまう人は別途カードの申請が必要になりますが三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行などが提供している銀行カードローンをおすすめします。

 

◎デメリット2.銀行口座の種類によって即日融資が難しい

イオンカードは自社銀行(イオン銀行)の場合は即日融資にも対応していますがそれ以外の銀行口座の場合は午後以降に申し込むと早くても翌日以降の振込になることがほとんどです。

 

イオンカードキャッシングのメリット

イオンカードはポイントが貯まりやすく還元率の高さから非常に人気がありますがキャッシング機能についてはそれ以外にもメリットがあります。

 

◎メリット1.利用できる場所が豊富

全国にあるおよそ15万台のATM・CDからキャッシングできるので外出先での急な出費や銀行が開いていない時間帯での利用も可能です。さらにイオン銀行のATMを利用するとATM利用手数料が無料になります。

 

◎メリット2.即日融資が可能

インターネットや電話から申し込むと最短で即日借入が可能です。

 

◎メリット3.計画的な返済が可能

返済方法は1回払いとリボルビング払いの2種類から選ぶことができますがリボ払いの場合借入残高に応じて毎月一定金額の返済で済むので完済までの計画が立てやすく日常生活にも負担が少ないです。

 

またリボ払いを選択していても臨時収があった際などに繰上返済や返済額の増額ができるので無駄に金利を抑えることもできます。

 

イオンカードのキャッシング枠の増額と減額

イオンカードのキャッシング枠ですが他のカードと同様に最初は少額の枠しか用意されていないことがほとんどです。

 

商品詳細をみると利用可能限度額が300万円と設定されていますが大体の人は初期段階では50万円ほどになります。

 

◎キャッシング枠の増額方法

○対象者

まず増額対象者についてですがキャッシング枠の契約をしてからおよそ半年以上の利用実績があり返済期日をきちんと守り滞納などがない人になります。

 

増額申請をするとその可否を判断するための審査が行われるのですが利用期間が短い人や契約から時間が経っていても利用実績がない人は増額の必要性がないと判断されてしまいます。

 

また滞納などの問題がある人は審査に通ることはまずないと思ってください。

 

○方法

以下の3つの方法から10万円単位で増額申請ができます。申請してから2週間ぐらいで郵送にて増額の可否を知ることができます。

 

またインターネットの会員ページからショッピング・キャッシングの現在の利用限度枠を確認することができるので必要な分だけ増額申請するようにしましょう。

 

【増額申請の方法】

・イオンカード会員専用ページ「MyPage」から申請

・コールセンターに電話で申請

・イオン各店舗にある変更届で申請

 

◎キャッシング枠の減額や利用停止

先ほどの手順で増額申請したからといって必ず増額されるわけではなくもちろん審査に落ちる人も中にはいます。

 

増額するためには利用実績がもっとも重要なのでその期間に滞納などの金融事故を起こしてしまうと増額されないどころか返済能力がないと判断されて減額、あるいは最悪の場合は利用停止になる可能性もありますので注意しましょう。

 

以上になりますが、イオングループの各店舗をよく利用する人や主婦の人にとってはメリットも大きいので是非一度検討してみてください。

 

Sponsored Links