長らく続く不景気によってギリギリで生活している方は多くいらっしゃいます。ギリギリで生活をしていると、急にまとまったお金がいるとなった時に何らかの方法で調達しなければなりません。

 

その際に、身内にお金を借りてしまうと縁を切られるかもしれません。消費者金融や銀行カードローンを利用するとそれを防げます。

 

Sponsored Links

キャッシングで金利が安いとは?

キャッシングを利用したことが無い人は、どの会社も金利・サービスに違いが無いのでは?と思うかもしれません。

 

しかし、それは違います。各社金利が違いますし、以前よりサービスの質が高くなっています。まずは有名な消費者金融5社の金利とサービス内容をご紹介いたします。

 

プロミス

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%bb%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%81%ae%e3%81%93%e3%82%99%e7%9b%b8%e8%ab%87%e3%81%af%e3%80%81

最小金利が4.5%で、最大金利が17.8%です。最小金利は消費者金融の中で平均的な水準ですが、最大金利は他社より少し低いです。

 

金利の低さだけではなく、サービスのバリエーションも他社より豊富です。無利息サービスがあり、30日間は無利息です。

 

他社と比べて優れている点は、Web完結サービスの内容です。

 

消費者金融の担当の人の個人の名前ででかけてくるので、周りにばれる可能性は低いのですが、それでも心配になる人はいらっしゃいます。

 

プロミスのWeb完結サービスはその心配はいりません。申し込んだ後にプロミスからご自身の携帯電話にかかってくる電話で相談します。

 

そうすると、会社に所属している事が証明できる書類を提出するだけで良くなり、プロミスから勤務先へ電話がかけられるのを回避できるケースがあるのです。

 

提出する書類は、会社名が記載されている保険証や給与明細でOKなので、新たに職場に書類を発行してもらう必要はありません。

 

それらの書類のデータを、公式ホームページでの申し込み時にアップロードするだけで提出完了です。

 

アコム

acoms1

最小金利が3%で、最大金利が18%です。最大金利は他社と同じ水準ですが、最小金利はトップクラスの低さです。

 

最も歴史が古い大手消費者金融なだけに、利用者数ナンバーワンです。それだけに、審査がスピーディーです。

 

どういう事かと言うと、今までの利用者のデータが多数あるおかげで、アコム独自の審査システムを確立しているので、審査の結果が出るのが早いのです。

 

アコムもWeb完結サービスを行っています。ただ、勤務先への在籍確認の電話はあるようです。

 

大手消費者金融なので、もちろん無利息サービスがあります。35日ごとの返済にする事で最大で30日間利息無しになります。

 

モビット

mobit

最小金利が3%で、最大金利が18%です。アコムと同じくらいの低水準の金利ですが、他の大手消費者金融にはほとんどある無利息サービスはありません。

 

ですが、モビットには他社より圧倒的に優れている点があります。Web完結サービスを利用して申し込めば在籍確認の電話が無いのです。

 

さらに、モビットは相談しなくても、勤務先への在籍確認の電話が無いのです。

 

不安な気持ちになるかもしれませんが、ホームページに「勤務先への電話連絡なし」と明記されていますので、不安にならなくとも大丈夫です。

 

Web完結サービスを利用して申し込む事のメリットは、勤務先に電話がかかってこないことだけではありません。

 

カードレスなので、自宅にカードが送られてきません。

 

利用明細書などの郵送物も一切ありませんので、キャッシングしていることが身内に知られる可能性が極めて低くなります。

 

カードが無いとお金を借りる時や返済する時にどうするのか疑問に思いますが、意外に簡単です。

 

契約が完了したらご自身の保有している銀行口座に融資金が振り込まれますので、普通にいつも通りキャッシュカードで引き出せば良いだけです。

 

返済は返済用の銀行口座から自動引き落としされるだけですので、何も難しい事はありません。

 

アイフル

ws000001

最小金利は4.5%で、最大金利は18%です。最小金利も最大金利も大手消費者金融の中で平均的な水準です。

 

アイフルはアコムに匹敵するくらい古い歴史を持つ大手消費者金融ですが、以前はサービスのクオリティが高くありませんでした。

 

ですが、劇的に変化を遂げ多種のサービスを行っています。

 

大手消費者金融では当たり前になってきている無利息サービスも以前は行っていませんでしたが、今は申し込んでから30日間は利息がかかりません。

 

一般的には、申し込み後に消費者金融側から申し込み内容について詳しく聞く電話が自分の携帯電話にかかってくるケースが多いです。

 

かかってきたときに周りに人がいなければ特に問題はありませんが、周りに人がいたら会話の内容が周りに聞こえないかドキドキします。

 

アイフルは申し込みが完了したら自分から電話をかけて良いのです。これなら周りに人がいない時を見計らって電話をかけられます。

 

しかもフリーダイアルなので電話代を気にしなくて良いです。

 

アイフルもWeb完結サービスを行っており、在籍確認は書類提出だけでよく、勤務先に電話がかかってきません。

 

ですが、カードレスは選べません。しかし、配達時間を指定できるので、家族と一緒に住んでいる人でも1人で自宅にいる時間に届けてもらう事が可能です。

Sponsored Links

 

ノーローン

noloan

最小金利は4.9%で、最大金利は18%です。最大金利は平均的な水準ですが、最小金利は少し高いです。

 

しかし、利用の仕方によっては他社との金利の違いもあまり関係なくなるかもしれません。なぜなら、1週間の無利息サービスという最大のメリットがあるからです。

 

無利息サービスは他社にもありますし、こちらの方が短い期間です。

 

ですので、最大のメリットと呼べるほど?と思うかもしれませんが、他社の場合、無利息サービスは初めての利用にのみ適用されるのです。

 

ノーローンは、完済していれば、初めての利用ではなくても1週間は無利息なのです。つまり、計画的に利用していれば何度でも無利息です。

 

銀行カードローンのキャッシングで金利が安いのは?

プロミスやアイフルのように利息なしというサービスはしていませんが、金利は全体的に低めです。

 

金利の低さに定評があるのがこれらの4行です。

 

みずほ銀行カードローン

%e3%81%bf%e3%81%99%e3%82%99%e3%81%bb%e9%8a%80%e8%a1%8c%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e2%91%a0

ローンが2パターンあり、エグゼクティブプランは最小金利が3%で、最大金利が7%です。

 

もう1つは、コンフォートプランの最小金利は3.5%で、最大金利が14%です。エグゼクティブプランで借りたいところですが、審査で決まるので自分では選べません。

 

限度額が1,000万円と多いので、数社でキャッシングしている場合に、その借入金をまとめるときにおすすめです。

 

銀行ですから総量規制の対象にならないので、収入の3分の1以上の金額を借りることが可能です。

 

ローンカードを新たに作る方法と、所持しているカードに借り入れ・返済の機能を付ける方法があります。

 

ローンカードを発行する方法だと管理がしやすいですし、キャッシュカードに借り入れ・返済の機能を付ける方法はカードを1枚にまとめられます。

 

みずほ銀行は地方の店舗が少ないですが、Web完結サービスを行っているので、申し込みから融資までのスピードが都会に住んでいる人と変わりません。

 

ただ、今のところ銀行カードローンの場合、在籍確認の電話は高い確率であるようで、みずほ銀行も例外ではありません。

 

三井住友銀行カードローン

capture-20160606-180511

最小金利は4%で、最大金利は14.5%です。

 

銀行カードローンの中では平均的な数字です。利用限度額が800万円で、みずほ銀行ほど多くはないですが、それでも銀行カードローンの平均より上です。

 

三井住友銀行の口座を持っていなくても申し込み可能で、早いケースだと30分で審査が終わるので、申し込んだその日に借り入れることも可能です。

 

借り入れに必要なローンカードを受け取るには、郵送よりも自動契約機が早いです。自動契約機は全国に700ヶ所以上あります。

 

平日だけではなく土日祝日も営業しているので、仕事帰りだけではなく、買い物帰りなどに寄れます。

 

インターネットバンキングで申し込むとWeb完結サービスが利用できます。インターネットバンキングは、三井住友銀行の口座があればすぐに利用登録可能です。

 

ですが、銀行なので在籍確認の電話があります。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン

ufjbankick

三菱東京UFJ銀行も2種類のカードローンがあります。

 

マイカードプラスの金利は14.6%です。バンクイックの最小金利は1.8%で、最大金利は14.6%です。

 

バンクイックの最小金利は銀行カードローンの中でトップクラスの低さを誇っています。

 

マイカードプラスは通常の分類と少し違います。キャッシュカードの残高が足りない時に自動で融資される機能を追加したカードローンです。

 

これならば家賃や光熱費などを滞納する心配はありません。限度額は30万ですが、半年経過すると100万円に増額する申し込みが可能になります。

 

バンクイックは通常のカードローンと同じで、必要なときにATMに行ってお金を引き出すタイプの銀行カードローンです。

 

上の2行のようにWeb完結サービスはありませんが、三井住友銀行カードローンと同じく自動契約機があります。名称は“テレビ窓口”です。

 

三菱東京UFJ銀行の店舗内などに設置されており、600ヶ所以上あります。

 

オリックス銀行カードローン

orix02最大金利は17.8%で少し高いですが、最小金利は3%で、銀行カードローンの中でも低いです。オリックス銀行は店舗を持たずに、インターネット等で取引を行います。

 

その分サービス向上に力を入れており、振り込みキャッシングを行っています。契約が完了すると、こちらが指定した銀行口座に振り込まれます。

 

指定する銀行がジャパンネット銀行だった場合、申し込んだ時間に関わらず、すぐに振り込んでくれます。

 

ジャパンネット銀行以外の銀行だった場合でも、翌営業日の午前9時から10時までに振り込んでくれます。

 

もちろんそれだけではなく、ローンカードを利用して借入金を引き出す方法があります。利用出来るATMが近くになかったらどうしよう・・と思うかもしれません。

 

ですが、利用できるATMが全国に95,000台あります。

 

その中にはゆうちょ銀行やセブン銀行のATMが含まれているので、近くに利用出来るATMが無いというパターンはそうそうありません。

Sponsored Links