ノーンローンでお金が借りたい。でも実際借りて返す方法はどんな手段があるのかよく分からないと不安なものです。最近の消費者金融では返済方法が多岐にわたっているため尚更よく知っておくべきです。

 

また手数料がいくらかかるかなども気になるところです。さらに借りたお金を延滞してしまったケースなどどうするべきかここで紹介していきます。

 

Sponsored Links

ノーローンの返済方法

ノーローンの返済方法は一つだけではなく複数の返済方法があります。ネットを利用した返済方法、提携関係にあるコンビニや銀行から返済、指定された口座に振り込み返済、口座からの自動引き落としなどです。

 

ネットを利用した支払い方法

ノーローンのネットを使った支払いについてですが、ノーローンが決めた銀行口座を開設している必要があります。これでPCや携帯電話から土日、いつの時間帯でも制限はなく夜でも返済が可能となります。

 

手数料が気になる人は安心してください。ノーローンのネット支払いの場合手数料はかかりません。返済日を忘れて外出していたりしても、携帯電話からで返済が可能というわけです。

 

ノーローンが指定の口座にしている代表的な金融機関は楽天銀行、りそな銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行などがあります。

 

その他にもネットから即時リアルタイムで返済可能な金融機関が複数ありますので詳細はノーローンの公式サイトよりお確かめ下さい。

 

ネット支払い(リアルタイム返済)の手順

ネット支払い(リアルタイム返済)の手順は、まず会員ページに飛んでいただき、ログインしてもらいます。

 

それからリアルタイム返済をクリックし、返済する金額を入力した後で、公式サイトで紹介されてる順番にどおりに、手続き開始。返済を行う金融機関を選びます。

 

これで返済手続き終了し、返済が確認されしだいメールがノーローンより送付されます。

 

このサービスはPay-easy(ペイジー)のサービスを利用し、キャッシングを使用した人の口座からノーローンが指定した金融口座に振り込むようにできるサービスです。

 

ちなみにPay-easy(ペイジー)というのは公共料金をはじめ様々な支払いをPCや携帯電話、各金融機関に設置されたATMから支払う事が可能になるサービスです。

 

その他の支払い方法

コンビニや特定のショッピングセンターに設置されたATMからも支払いができます。

 

その他、銀行のATMからも返済が可能です。提携している銀行ごとの詳細は公式サイトでご覧になれます。これらは手数料が発生します。

 

ノーローンが指定した銀行に振り込みによる返済も可能です。振り込みの際にかかる手数料も支払わなければなりません。

 

返済をする口座は会員専用サービスにログインして確かめるか、ノーローンの問い合わせに答えてくれるダイヤル0120-170024に連絡して調べてください。

 

口座からオートで引き落としてもらって返済する形も取れます。毎月6日か26日の引き落とし日を選んでもらって自分の口座よりオートで引き落としてもらうシステムです。

 

しかしこれは予め手続きが必要な返済方法となりますので前述にあるダイヤルに問い合わせてください。

 

ノーローンの返済の手数料

ノーローンは大抵の銀行と提携しており、三井住友銀行といった大手の銀行のATMにて返済できます。その他にもコンビニのATMでも返済ができるのですが、これらはインターネット支払いと違って手数料が発生します。

 

返済する額が1万円を超えると216円、1万円以下だと108円です。ほぼよそのカードローンと変わらない手数料という事になります。

 

どうしても手数料が払いたくないという方はレイクのATMを利用すると0円ですみます。

 

近くにレイクのATMがないという方は大都市に出かける事があったら駅などを確認してみましょう。レイクのATMが設置されている事が多いようです。

 

ノーローンの最低返済額

借入額の残高で毎月の最小返済額は変化します。また借り入れの契約をした時の限度額によっても変わりますので注意が必要です。

 

例えば借り入れ限度額30万以下のケースで借り入れ後の残高が10万以下ですと4000円になります。

 

これが10万以上から20万円まで残高が残っているケースだと8000円になります。20万円から30万までですと12000円になります。

 

詳細は公式サイトの上部にある「商品をご案内」をクリックし、さらに返済日、返済額という緑のボタンをクリックしてお確かめください。

 

ノーローンで返済が遅れるデメリットと対策

ノーローンで返済が遅延してしまうと他社の消費者金融会社と同じように損害金利率分を支払わなければいけない事態になります。

 

損害利率というものは支払い期日を過ぎた翌日から延滞した日数かかっていきます。ノーローンの損害利率は20%になるので本来の18%より2%とは負担になる事になります。

 

例えば10万円返さないといけない場合に金利18%損害利率20%で三日ほど支払いが遅れると期日を過ぎた損害は160円を少し上回る程度です。

 

意外と損害金は安いなと感じる人もいるでしょう。これなら少しくらい延滞してもいいかと考えてしまう人もいるかもしれませんがそれは大きな間違いです。

Sponsored Links

 

延滞することによって起こる最大のマイナスポイントは信用の失墜です。お金を借りる信用度が下がってしまうと、借入の限度額も増やす事が難しくなり、最悪借り入れできなくなる恐れもあります。

 

ノーローンは他社に比べて延滞に厳しいのか

ノーンローンは他の例えばプロミスやアコムなどといった金融業者より延滞に厳しいという話です。

 

そのカラクリは元々有名な消費者金融であるプロミスやアコムといったところは初めてお金を借りる人などがお客の傾向としてあります。

 

しかしそんなに世間的に認知度が低いノーンローンなどの消費者金融のケースですと、もう他の金融会社からお金を借りている人などが集まってくる傾向にあるようです。

 

お金により困っている客層がノーンローンには多いようなので、回収に力を注いでいる=延滞に厳しいという事なのかもしれません。

 

延滞に関して意外と厳しくない場合もある

現実に取り立てが厳しいと感じるのは借りて側に落ち度がある事がほぼ8割を占めます。通常の消費者金融というものはノーローンもそうですが、延滞についてそこまで過剰反応しません。

 

なぜなら延滞の主な原因のほとんどが、ただ期日を忘れてしまっていただけの「うっかり」なケースの場合が多いのです。

 

そういった場合期日に気付いて借りた側は数日経てば返済してくれます。消費者金融からしてみると延滞者とコンタクトをとるにも人件費などの費用がかかります。

 

少々の「うっかり」で延滞された案件に対して過剰に反応する行為はしたくないというのが本音のようです。

 

信用度に問題がある利用者が延滞した場合

延滞にした借り手にコストをさく行為はしたくないというのがノーローンを始めとする一般消費者金融の考え方ですが、借り手の信用度が低い場合はケースが違ってきます。

 

借り手が毎月返済を延滞する、お金を借りられるか否なぎりぎりの審査基準で貸した借り手、複数の金融会社から借り入れがあるなど借り手はマークされます。

 

毎月きちんと返済してくれている人がたまに数日延滞したとしても、消費者金融側はそれほど騒ぎません。

 

しかし延滞が続いているような信用度の低い人はすぐにでも返済して欲しい、つまり延滞に対して厳しい態度をとられるでしょう。

 

返済が滞った場合の対処法

ノーローンで返済期日を守れそうにない場合、一番やってはいけないのは無視する事です。かならず事前に返済が遅くなるならその旨を連絡しましょう。

 

つまり返済日を後日に伸ばしてもらえるかなどの交渉をするべきなのです。この交渉が成功するかどうかは今まできちんと返済してきたか、借入の状況にもよります。

 

返済が難しい場合は借り手側から交渉を持ちかけていけば、案外借金の返済日を待ってくれる事もあります。

 

一番重要な事は借り手側が強い意志で返済をするという事をノーローン側に伝える事です。そういった返済意思のアピールが大事になるわけです。

 

返済できないと無視するのが最大のデメリットを生む

この金融会社は新興銀行グループなので違法業者つまり闇金のような取り立ては行いません。返済できない時におきるアクションとしてまずメールで遅延の連絡がきます。

 

ノーローンにはメールサービスがあり、アドレスを設定する事によりメールで延滞した時など連絡を受け取る事が可能になります。

 

まだこのレベルで返済が遅延してもたまたま忘れてしまったぐらいにしか認識されないので、金融事故を起こしたなどと登録される事もありません。

 

このメールをスルーし続けると今度は電話での催促がきます。借金返済というものは時間の経過と共に重くのしかかってきます。

 

ですから、早期に連絡に応じるか返済をしなければいけません。

 

3ヶ月以上借金返済を遅延すると金融事故になる!

メールでの催促から電話での催促、自宅に連絡、職場に連絡、催促状、財産の差し押さえ行為という順番で取り立てが激しくなっていきます。

 

しかも三ヶ月を超える借金返済の遅延を起こすと金融事故を起こした扱いになり記録にも記載されてしまいます。

 

ノーローンの返済のまとめ

ノーローンは法的処置をとるスピードが他社に比べても比較的早いという情報もあります。返済不可能だと居直ってしまうと返済する意思がないと判断されてしまいます。

 

法的手段を下されることになります。法的な処置というのは裁判所を通し、資産価値があるものなら全部差し押さえるという行為です。

 

例えば毎月特定の収入がある人なら、その一定額を差し押さえられる事もあります。差し押さえの対象となる金額は所得が44万を下回れば1/4以内の金額です。

 

ただ、自己破産をしていれば払うべき責任が許されているケースまでいくと、資産の差し押さえは免れます。

Sponsored Links