小田急線を利用する人にはありがたい通称OPカードは小田急線を利用するほど還元率がアップしていきます。

 

小田急ポイントが利用できるお店は小田急系列のデパート、Odakyu OX ストア、400を超える数があります。ここでは小田急ポイントカードに焦点を当てて紹介していきます。

 

小田急ポイントカードの公式

 

Sponsored Links

小田急ポイントカードの特典や便利な機能

odakyu_natsuki

年間費用が無料

小田急ポイントカードのOPクレジットカードは年間にかかる費用が初年度に限り0円です。

 

一度でもクレジットの利用があれば、次の年度も年会費は0円です。(※一度も使わない場合は年会費がかかってしまうので注意して下さい。)

 

PASMOのオートチャージ機能

PASMOの自動チャージ機能は金額が不足していても改札を通る時に金額を足してくれる機能です。

 

PASMOのオートチャージを利用して0・5%、その還元に加えて買い物に使うと月の利用金額のうち1%つまり合計すると1.5%が還元されます。

 

電車を利用するほどPが貯まる

小田急線を利用する分乗車すればするほどPが貯まります。それらを小田急百貨店などでは最高で一割還元されます。

 

OPポイントには系列店は400店舗以上

小田急沿線などにある小田急系列と加盟しているお店400以上で利用可能です。加盟店でカードを使用するだけでPが溜まります。小田急百貨店では最大1割還元です。

 

本会員と家族会員

会員と家族会員のカードPも合算されてP残高や使える期限まで共有でき、ファミリーでポイントを溜めて使えます。

 

ポイントが倍に

電車に乗るためのカードPASMOへのチャージと買い物でポイントがダブルで手に入ります。

 

小田急系列のお店でカードを出すとポイントがつき、クレジットカードとして利用するとこれもダブルでポイントがつきます。

 

割引では新宿ミロードで5%割引、小田急のデパートでは最大1割の割引など色んなケースでポイントを溜められるケースが設けられています。

 

ポイントを買い物に使える

小田急ポイントカードの一つである小田急クレジットカードでは、貯蓄されたポイントは買い物に利用できます。

 

小田急ポイントカードの審査基準や審査期間

普通のポイントカードですと13歳以上で作る事ができ即日で手に入れる事ができます。

 

小田急ポイントクレジットカードのケース

通常のクレジットカードでは安定した年収があり、連絡がつく電話番号があることが大事になってきます。

 

小田急ポイントカードクレジットの条件は高校生を除外した18歳以上で収入がある人、もしくは配偶者が安定した収入を持っているかどうかです。

 

これは専業主婦など自分の収入は0でも夫の収入が安定していれば審査が通るという意味です。しかしながら、JALとOPクレカが一緒になったカードのケースでは少し様子が違います。

 

キャンペーンが良質なことやJALマイルとOPがダブルで溜まるという大変お得なクレカになるせいか審査が慎重になる傾向にあります。

 

カード発行までの期間とは

ここで気になるのが、カード発行までにどれほどの期間を要するのかですが、小田急OPクレカは申請してからカードが手元にくるまでにだいたい三週間かかるようです。

 

JALカードOPクレカのケースですとカードが手元に届くのは一ヶ月にもなります。

 

しかし、どこか海外など遠くへ行く予定がある人などは予めカード会社にその旨を伝えておくと、早く発行してもらえることがあります。

 

審査に通りやすくなる方法

小田急ポイントカードを申し込むチェック欄に“支払い名人”“楽Pay”に申請するかという欄があります。

 

支払い名人・楽Pay機能とは月々の返済を元から設定しておくサービスで、オートでリボ払いしてくれます。

 

これらをオンにしておくと、商品などを購入した時など一括で支払ってもオートでリボ払いになります。※リボ払いは分割払いの一種になります。

 

分割で支払いよりさらに細分して支払うのです。大量に物を購入して高額な支払になっても分割で支払えて便利です。お財布的にもかなり余裕ができます。このリボ払いにも12%~の利息があります。

 

例えば一万の商品を買ったとして、年率が14.54%だとすると、一年後に払い終わる時は11452円になります。

 

つまり追加で1452円支払うことになります。この利益がカード会社の物になります。

 

リボ払いはカード会社にメリットが大きい!?

利息は常に気にしていないと膨大な金額になってしまいます。

 

しかし、逆に言うとこれはカード会社の利益になるということです。毎月の支払の少しずつなのでカードを使う人の負担も軽減され、未払いなどのケースに陥りにくいのが特徴です。

 

お金の回収不能の危険が軽減され、利益が高いという二つの意味で旨味がカード会社にはあります。ですからカード会社にとってはこのリボ払いを利用してもらえる事はとても好ましいのです。

Sponsored Links

 

支払い名人、楽天Payを申請すればオートでリボ支払いになりますので、小田急ポイントカードを申請する時に支払い名人、楽天Payを申し込むと審査がスムーズにいくと言われてきました。

 

近年は状況が変わった!

しかし、近年ではこの支払い名人・楽天Payにカード申し込みの段階で申請しない方が、審査が通りやすくなるようです。

 

近年の不況でリボ支払いを利用した破産者が増えています。そういう事でマイペイすリボ等のオートリボ払いの手法を申請しない方が通りやすくなるようです。

 

つまり、小田急ポイントカード申請時には審査に通りやすくなるために、支払い名人・楽Payは外しましょう。

 

小田急ポイントカードの年会費

カードの種別によって年会費が異なります。それは以下の通りです。

 

・OPクレジット

本会員は540円です。初年度無料ですが、一度でもクレカの使用があれば次の年も無料になります。

 

※なお、キャッシュでの利用分、キャッシュサービス、カードローン、各種手数料、年会費などは除くことになります。

 

・OPクレジットゴールド

本会員は10800円になります。二年目からは前の年の買い物金額(クレカを使用しての買い物支払い)が200万円以上になれば年会費が0円になるサービスがあります。

 

小田急ポイントカードの公式

 

小田急ポイントカードの口コミや評判

opcard

20代中盤小田急線をよく利用する男性の口コミや評判

「小田急線をよく利用する、通勤に利用する私はPASMOのポイントをどうにか有効利用できないかと悩んでいました。

そんな時に小田急ポイントカードに出会い申請しました。わずか三日で申請が通り手間がかかりませんでした。

PASMOで還元したポイントを足しにして小田急系列の店で電化製品などの購入にあてました。

なんとパン屋でも小田急の系列店なら使用できるので好物のパンを最近は大量に買ってポイントもたまり、さらに還元しています。

最近では通勤でポイントが貯まっていくのが楽しみでしかたがありません。憂鬱な朝の通勤もポイントが貯まっているのだなと思うと楽しめます。

住んでいる場所もより小田急沿線に近い場所へ引っ越そうかと思うくらいお得な気分になっています。」

 

20代後半買い物が好きな女性の口コミや評判

「平日は仕事が終わったあとに小田急系列のネイルサロンに通い、同じ系列店で可愛い小物などを買います。

友だちからそんなに小田急のお店を利用するなら小田急ポイントカードを作った方がいいよと言われて作りました。

休日は新宿ミロードや小田急デパートに友だちとショッピングをしました。

支払いはクレジットの支払いで、お買い上げ、ご利用ポイント&クレジットご利用ポイントが二重で貯まってすごくお得でした。

他には高価なペンダントなども購入しました。これも小田急ポイントカードで支払いをしました。

この段階で1000ポイント以上が貯まりました。その後は食事にいく事にし、これも小田急系列のお店で食べました。」

 

30代後半家族持ちのサラリーマン男性の口コミや評判

「転勤になり、家族共々引っ越すまで小田急線は使った事がなかったのですが、引っ越すことになり通勤には小田急線を利用することになりました。

会社の上司から小田急線ならPASMO定期券を作った方がいいよと言われ作りました。定

期券は6ヶ月分で自動のチャージシステムを利用しています。

やはり便利なのは券の販売機やのりこした場合の精算機で長蛇の列に並ぶ必要がない所でしょうか。

さらにクレジットご利用ポイントも貯まっていくのがありがたいです。私はよく仕事帰りに小田急デパートの書店で本をかなりの数買うのですが、ここでもポイントが稼げます。

家族カードも作っていまして、私が貯めたポイントで娘が受験のための参考書を購入したり、妻は雑貨店で小物を購入したり家族で利用しています。」

 

50代ショッピングでOPカードをよく使う女性の口コミや評判

「自宅の近辺に小田急のデパートがあり頻繁に買い物をしていました。それまで財布が膨れるのが嫌でドラッグストアのカードなども作らない派でした。

ですが主婦友だちがそれは損をしていると忠告されました。自分でもそうなのかなと思い小田急ポイントカードを作ってみました。

すると、小田急沿線には小田急系列のお店がいっぱいあってポイントを貯める機会の多さにびっくりしました。

特にお花を家に飾るのが大好きな私にとって小田急フローリストはよく利用していたのでそこでポイントがもらえるのは大変大きいメリットでした。

友だちと小田急デパートに買い物や食事に行く機会も多く、貯めたポイントでは夫に何かプレゼントしようかなと思っています。」

 

小田急ポイントカードの公式

 

Sponsored Links