おまとめローンとは複数社から借り入れをしている人がその借金を一つの業者で借り換えをする方法のことで銀行や消費者金融など業者はいくつもあります。

 

今回はそのおまとめローンの審査についてやおすすめの銀行業者を紹介します。

 

Sponsored Links

おまとめローンのメリット

おまとめローンは「審査に通らない」や「借金が少なくなったと錯覚を起こしてしまいさらに借り入れをしてしまう」などのデメリットがあります。

 

ですが、メリットが大きいと考えられているので借金を抱えている人が完済に向けて一つの選択肢として人気があります。

 

メリット1.返済日を毎月1つにすることができる

複数の借入先があると毎月のそれぞれの返済日が異なるので急な出費に対応できなかったり返済日をうっかり忘れてしまうということもあります。

 

また返済日がいくつかあると常に返済のことで頭がいっぱいになり精神的にも追い込まれる傾向があります。そこで借入先をまとめることで返済日を1つにまとめて管理がしやすくなります。

 

メリット2.毎月の返済合計額を抑えることができる

一般的には借入先を一つにまとめる方が毎月の返済額が小さくなると言われています。

 

しかし借入金額によってはまとめる方が返済がきつくなることもあるので事前に確認が必要です。

 

メリット3.低金利にすることができる

通常のカードローンに比べるとひとつにまとめることで現状の金利より安くなるか、あるいは現状の金利の中で最低のものと同じ金利でまとめて借り入れすることができます。

 

メリット4.完済までの期間と返済総額を抑えることができる

完済までのシミュレーションをするとわかるのですが返済期間の短縮や返済総額を抑えることができます。

 

おまとめローンで審査が通りやすい銀行はある?

まず審査についてですが中には審査が通りやすい銀行があり誰でも借り入れができると思っている方もいますが、実は審査がゆるく通りやすい銀行というのは存在しません。

 

冒頭にもありますがおまとめローンは既にいくつかの業者から借金をしていて返済が厳しくなっている方が申し込むケースがほとんどなので一般的なカードローンに比べるとそもそも審査が厳しくなるのはわかるはずです。

 

しかし中には借金の完済に向けて気持ちを新たにきちんと返済していこうという人もいますのでそういった思いが銀行側に伝われば審査をじっくり行い融資してくれる可能性もあります。

 

また、注意が必要ですがおまとめローンは全ての銀行で行っているわけではありませんので事前にきちんと調べてから申し込む必要があります。

 

借金をしていると気持ちが焦ってしまいがちですがこういったことにも気を付けないと時間を無駄にしてしまいます。

 

そこで以下でおまとめローンを実施している銀行をご紹介しますので参考にしてください。

 

おまとめローンを受け付けているおすすめの銀行

オリックス銀行カードローン

○特徴

・利用限度額300万円以下は所得証明書不要

・最短即日審査可能

・月々7,000円からの返済も可能

・提携ATMの利用手数料0円

・来店や口座開設不要

・担保や保証人不要

 

○融資限度額

最高800万円

 

○金利

年3.0~17.8%

 

 

じぶん銀行カードローン

○特徴

・利用限度額300万円以下は所得証明書不要

・auを使っている方は金利が年0.5%優遇

・来店や口座開設不要

・最短即日融資

・提携ATMの利用手数料0円

 

○融資限度額

最高800万円

 

○金利

年1.9~12.5%

 

 

プロミスフリーキャッシング

○特徴

・インターネットから24時間申込可能

・利用限度額内の入出金が自由なリボルビングシステム

・利息は日数計算

・担保や保証人不要

 

○融資限度額

最高500万円

 

○金利

年4.5~17.8%

 

 

ソニー銀行カードローンMONEYKit

○特徴

・最短60分で仮審査結果を回答

・300万円までは年収証明書不要

・コンビニで借り入れや返済が可能

・口座があれば最短即日融資、口座がなくても初回貸付を振込可能

・選べる返済日

・月々2,000円からの返済が可能

・利用明細はネットで確認できるので自宅郵送なし

 

○融資限度額

最高800万円

 

○金利

年2.5~13.8%

 

 

みずほ銀行カードローン エグゼクティブプラン

○特徴

・WEB完結申込可能

・24時間申込受付

・最短即日利用可能

・来店や郵送不要

・限度額200万円までは収入証明書不要

・ATM時間外手数料や振込手数料が無料

 

○融資限度額

最高1,000万円

 

○金利

年3.0~7.0%

 

 

住信SBIネット銀行MR.カードローン

○特徴

・限度額300万円まで収入証明不要

・借入時のATM手数料無料

・他社からの借り換え可能

・最短60分で仮審査完了

・WEBで手続きが完了

・利用明細の自宅郵送なし

・最短即日で利用可能

 

○融資限度額

最高1,000万円

 

○金利

年1.89~7.99%

 

 

三井住友銀行カードローン

○特徴

・最短審査30分

・即日最短融資可能

・限度額300万円以内までは収入証明書不要

・口座を持っていなくても申込可能

 

○融資限度額

最高800万円

 

○金利

年4.0~14.5%

 

 

スルガ銀行カードローン

○特徴

・業界初のガン保険特約付き消費者信用団体生命保険でガンと診断されたら借入残高0円

・来店不要でWEBで完結

・最短1分のスピード回答

・最短当日融資可能

Sponsored Links

・申込金額の500万円までは収入証明書不要

・最低3,000円から毎月返済可能

・年会費無料

・アルバイトや専業主婦の方もOK

・VISA機能付きも選択可能

 

○融資限度額

最高800万円

 

○金利

3.9~14.9%

 

 

イオン銀行カードローンBIG

○特徴

・即日審査可能

・限度額300万円までの申し込みは収入証明書不要

・担保や保証人不要

・専業主婦(夫)やパートの方も申込可能

・月々3,000円からの返済が可能

・コンビニや銀行ATMから365日利用可能

 

○融資限度額

最高800万円

 

○金利

年3.8~13.8%

 

 

楽天銀行スーパーローン

○特徴

・入会でもれなく1,000ポイント進呈

・年会費や入会金が無料

・限度額300万円までの場合収入証明書不要

・コンビニATMで利用可能

・アルバイトの方もOK

 

○融資限度額

最高500万円

 

○金利

年4.9~14.5%

 

 

東京スター銀行

○特徴

・WEBからの申し込みで来店不要

・保証人不要

・WEBなら24時間365日申込可能

 

○融資限度額

最高1,000万円

 

○金利

年5.8~14.8%

 

 

しずぎんフリーローン

○特徴

・静岡銀行に口座がなくても申込可能

・借入金額300万円までは年収確認資料不要

・資金使途確認資料不要

・主婦(夫)やアルバイトの方も申込OK

・担保や保証人不要

・郵送による契約OK

・最長10年間で計画的に返済可能

・静岡県の地銀や信金でNO.1

 

○融資限度額

最高500万円

 

○金利

年4.5~14.5%

 

おまとめローンの審査対策

審査に落ちる理由を明確にすることは難しいですが対策をすることはできます。

 

大きく分けて2種類のパターンがあるのでそれぞれの審査対策をご紹介します。

 

審査に通る可能性が極めて低い場合

借入の審査基準の中で極めて重要なタブーを犯している場合は審査の際に工夫をしても通る可能性は極めて低くなります。

 

残念ですが対策できず時間が解決してくれるのを待つのみになってしまいます。

 

では具体的にどういったことが審査の際のタブーになってしまうのかというと、例えば1ヶ月以内に3社以上の業者に借り入れを申し込んだ人や過去に金銭事故(3ヶ月以上の支払滞納や未払いなど)によって信用情報機関にブラックリストとして記録が残っている人です。

 

また勤続年数や借入先数なども審査に影響があるとも言われており、ある業者では最低3ヶ月以上は同じ勤務先で働いている必要があったり、借入先数に関しても4社以上から同時に借り入れている場合は審査に即落ちることもあります。

 

ステータスが足りていない場合

審査の際に参考にするスコアリングにおける獲得信用点数が基準値まで満たない場合ですがこの場合は少し工夫することで十分に審査に通る可能性があります。

 

例えば以下のような項目があげられますがもちろん虚偽の申告はNGなので十分注意する必要があります。

・携帯電話ではなく固定電話の番号を登録する

・一人暮らしの人は一時的に実家に住所を移すことで同居人ありのステータスを得る

・年齢は20代後半~60歳ぐらいが点数が高いので該当する年齢になってから申し込む

 

おまとめローンを申し込む際の注意点

一般的なカードローンやおまとめローンの申し込みの際の注意点がいくつかあり、以下の注意点を守らず銀行などの業者から信用を失わないようにしましょう。

 

年収を多めに申告しない

消費者金融の場合は自身の年収の3分の1までしか借り入れができませんがおまとめローンの場合はそのような上限などの規制がありませんので正直に申告するようにしましょう。

 

借入金額にもよりますが高額な借り入れが必要な場合は収入証明書や源泉徴収票などを提出する必要があるので虚偽の申告をしてもすぐにばれてしまいます。

 

他社利用件数を少なく申告しない

おまとめローンの場合複数の借入先があるのは当然と言えますし、虚偽の申告をしても個人信用情報機関を調べるとすぐにわかりますので正直に他社の利用件数を申告しましょう。

 

利用件数をごまかさずに申告し借入先を一本化することでこれからきちんと完済していく意志があることを伝える方が審査にも有利にはたらくはずです。

 

必要以上のお金を借りようとしない

借入金額は自分が必要とする金額分を申し込むようにしましょう。

 

当然のことですが金額が大きくなればなるほど審査が厳しくなりますしその金額に妥当性が無ければ審査に落ちてしまいます。

 

計画的に返済できる金額を借りてきちんと返していくことで信用も上がっていきます。

 

勤務先は正直に記載する

以前勤めていた会社を記載する人がいますが勤務先に在籍確認の電話が入ることもありますので現在の勤務先を記載するようにしましょう。

 

ただし専業主婦の方以外で無職の場合は審査に通る可能性が極めて低いのでアルバイトでも問題ないのでまずは収入がある状態にしてから申し込みましょう。

 

以上になりますが、おまとめローンというのは借金で苦しんでいる人を全員救済するためのものではありませんので簡単に審査に通るということはありません。

 

借金額が大きい人や借入先数が多い人は通りにくくはなりますがおまとめローンで借入先を一本化することでメリットは多くありますのできちんと業者を選び対策をし借金完済に向けて進んでいくことをおすすめします。

 

Sponsored Links