借金というと、消費者金融・闇金などが連想され、過剰な利息や、取り立てが家や職場に押しかけてくるようなイメージですが、近年、過剰な利息や悪質な取り立てが問題視され、法律を遵守したうえで貸し借りを行うという流れになりました。

 

それに伴い呼称も変わり、今までは“借金”“消費者金融”と呼ばれていたものが“カードローン”という「分割払い」のようなイメージになりました。

 

しかし呼称が変わってからも、女性のキャッシング率は低く、なかなか借金のイメージが拭えないのが現実でした。

 

さらに、女性の利用者が少ない原因として挙げられたのは、対応するオペレーターです。新規で契約する際に必ずオペレーターとコンタクトを取らなくてはなりません。

 

これは貸し手として、本当に貸して大丈夫か、信用できる人なのかを見極める為に必要不可欠なことです。

 

しかし、新規で対応するオペレーターを始め、相談センターにしても男性の率が圧倒的に多かったのです。これでは利用しようとした女性が尻すぼみしても仕方がないと言えるでしょう。

 

そこで、ローン会社は、女性が利用しやすい環境にするには、女性には女性が対応するべきと考え、新規会員の登録から本人確認、返済の相談まで全て女性が対応する、レディー専用オペレーターを設置しました。それが“レディースローン”です。

 

Sponsored Links

レディースローンと普通のカードのローンの違い

本人確認についてですが、これは仮審査に通った後の本審査で登録先の職場に偽りや間違いがないかを確認するために、直接職場に電話をかけるといった場合のことです。

 

ローン会社だと分からないように配慮してくれるところが大半ですが、登録者が女性でオペレーターが男性だと、職場の人によっては「男性から電話かかってきたけど、どういう関係なの?」などと変に模索されたり、場合によっては私用電話と捉えられることもあります。

 

異性からの電話を受けるのは誤解を招いたり面倒なことになりがちです。しかし、レディースローンなら女性のオペレーターが対応してくれるので、女性に女性から電話があったところで、知り合いから電話ぐらいにしか思いませんし、変な誤解を招くこともありません。

 

なにより話しやすいという利点があるので、レディースローンは女性に人気なカードローンといえるでしょう。

 

レディースローンの特徴とは

レディースローンとはいえど、ローンには変わり有りません。女性専用だから、これはダメ!なんてことは一切なく、普通に今までのキャッシングと変わらないシステムなので、損することはありません。
そんなレディースローンの特徴を紹介致します。

 

1、審査が少なからず緩い

レディースローンは女性専用なので、比較的借入額も少ないとみられるのか、審査合否が他のローンよりも若干ながら甘くなっているのが特徴といえます。

 

しかし、専業主婦や所得がない人に関しては、性別、金額など関係なく消費者金融からの借入は不可と規定されています。

 

日本にある六法をカテゴリ別に分けると様々な法律が定められていることが分かります。その中に、ローン会社に定められた“貸金業法”という法律があり、総量規制が2010年から正式に施行されました。

 

そもそも、借入限度額は自分で決めることはできません。年収の3分の1が借入限度額なのです。女性は育児しながらパートやアルバイトが多いため、高確率で借入額が高額に及ばないというのが審査の緩い理由のひとつといえるでしょう。

 

2、登録から借り入れまでが早い

普通のローン会社だと多数あるのでローン会社の選択肢は広がるものの、会社によってシステムも様々です。利用者は、とにかく早い融資を求めていますので、申し込みから借り入れまでが遅くては話になりません。

 

しかし、普通のローン会社は借入に早くて1日かかるところはザラにあります。レディースローンは名の知れた大手ローン会社以外にしていないので、申し込み完了当日に借入できる保証があるのです。

 

利率・融資金額・返済方法・返済期日決めなど他のローンとの違いは特にないので気軽に申し込めるのがレディースローンの良い所です。

 

プロミスとプロミスレディースを比較

三大ローン会社のひとつ、プロミスに焦点を当てて通常の窓口と、女性専用窓口“プロミスレディース”の違いを比較してみましょう。

 

プロミスレディースの問い合わせで多いのが「利息は低いですか?」といった類です。レディースだから低金利、滞納しても遅延利息はつかない、督促の電話もかかってこない。

 

なんて勘違いされている方も中にはいますが、システムそのものは通常となんら変わりありません。利息は借入額によって変動しますが、4.5〜17.8%と定めています。これはレディースでも同様の利息を取られることになります。

 

遅延利率については20%となります。性別は関係ありません。

 

通常窓口との違い

最初に説明した通り、女性専用窓口を設けているところです。同じレディースローンでも、会社によって電話受付けのみや、窓口のみ女性限定にしているローン会社もありますが、プロミスの女性専用窓口プロミスレディースでは、全ての対応において女性が行ってくれるので、安心して相談することができます。

 

新規申し込みの際も、女性専用のフリーダイヤルが用意されているので、そこに電話すれば女性オペレーターが対応してくれます。もちろん通常の窓口も使用できますので、男性の方が話しやすいと思う女性は通常のダイヤルを利用することもできます。

 

プロミスレディース以外のレディースローンが利用できる消費者金融

現在では多くの消費者金融がレディースローンを展開しています。他のレディースローンを展開している消費者金融もプロミス同様自社が行っているローンとの違いは特にありません。

 

プロミスと同じく大手の「アコム」や「アイフル」レディースローンサービスを行っていることで有名です。

 

この2つは大手の会社になりますので、安心して借入ができますね。なぜなら、女性を逆手にとる悪質な消費者金融も存在しており、そういった消費者金融に騙されないためにもレディースローンを利用される方は安全第一の大手金融会社を選ぶと良いでしょう。

Sponsored Links

 

大手の消費者金融が安全な理由

まず、第一に大々的な宣伝をしている(TVのCM)ので違法行為をすることが出来ません。むしろそういった行為をしてしまうと瞬く間に周囲にその情報が流出してしまいます。

 

そうなると社会的な信頼・お客様への信頼を裏切ってしまいたちまち会社経営をすることが出来なくなります。なので、そもそも大手の金融会社には違法行為をするメリットがありません。

 

実行してしまえばそちらの方が金融会社にとって損となってしまうからです。またアコムは三菱UFJ銀行との強い繋がりを持っています。

 

アコムのレディースローンの特徴

ただ、レディースローンというサービスの面では消費者金融ごとに特徴があります。例えば、アコムは状況次第で、オペレーターが女性でない場合があるのです。

 

アコムでは24時間電話対応しているので、場合によっては男性が応対してしまうこともありえてしまうのです。

 

アイフルのレディースローンの特徴

「アイフル」のレディースローンはカードが非常にオシャレです。女性のデザインが施されており、女性が好みそうな青や紫といった色合いをしています。

 

どう見てもクレジットカードには見えないデザインをしているので他の方の目に触れても問題はありません。因みにアイフルのレディースローンは男性が電話しても審査落ちになるので男性の方は通常のダイヤルに電話しましょう。

 

どんな大手金融会社を選ぶにしろ、サービスの良いレディースローンを選びたいのならそれぞれの金融会社の特徴を把握し自分にとって最適なサービスを実施しているものを選ぶことが大切です。

 

女性がカードローンを利用するうえでの注意点

女性がカードローンを利用する際に注意するべき点をいくつか挙げてみましょう。

 

1、複数のクレジットカードを作らない

女性の自己破産に至る・借金地獄になるキッカケがこの複数の消費者金融のクレジットカードを作ってもらったことに関係してくるからです。

 

女性の場合、定職についていない限りその収入源は男性よりも低くなっているため、融資限度額も少額です。しかし、複数のクレジットカードを作ってしまいそれを少額ずつ借りてしまうと塵も積もれば山となるということわざ通り借金は膨れ上がってしまいます。

 

早いうちに身内の方に借金の相談をしてどうにかお金の工面をすれば問題はありません。しかし、女性の場合そういった問題を話し辛い・話すことが出来ないという方は多くいらっしゃいます。

 

そして誰にも相談できないまま借金返済のために新たに別の消費者金融からお金を借りて借金の返済に充てるという悪循環に陥ってしまいます。

 

複数のクレジットカードを作ると多重債務になる!

ここまで行くと借金の総額は百万単位に膨れ上がっていき、返済する目処が立たなくなってしまいます。その結果、自己破産という道に進んでしまいます。一般的にこういった状態を「多重債務」と呼びます。

 

多重債務が起こった理由は複数のクレジットカードを作ったことが原因です。初めはクレジットカードを持つことに興味を持っていない女性も、店員の方から作るとポイントがつくという言葉に釣られて軽い気持ちでクレジットカードを持つという判断を下しています。

 

実際大手の携帯電話会社などでもそういった店員の勧めはあります。1枚作ってしまえば2枚目を作ることへの抵抗は低くなっています。

 

そして、自らの欲に負けてお金を借りてしまい次から次への借金を重ねていきます。なので、こういった問題を起こさないためにも「複数のクレジットカードは作らないほう」が良いでしょう。

 

女性がお金を借りてしまう理由

女性がお金を借りる理由は多々ありますが、よくあるのが依存症になりやすいお金の使い方になります。具体例をあげるならショッピング・ギャンブル・課金制ソーシャルゲーム・アルコールなどです。

 

特に最近話題になっているのが課金制ソーシャルゲーム。コレクター魂に火がつき気付けば百万単位のお金をつぎ込むという方が続出しています。

 

子供も例外ではないので現在では予防策として保護者自らがそういった管理をするための機能を搭載した機器を用いている程です。

 

 

2、女性専用ローンを名乗った闇金に騙されない

女性からの人気がでてきたレディースローンを名乗って多額の借入をさせる悪徳金融が増えてきています。借入可能額は年収の3分の1と法律で定められているのです。

 

「今ならキャンペーンを行っていまして…」、「女性にはレディースローンといって特別なシステムになっています。」などと言葉巧みに誘惑してきますが、法で定められている限り、キャンペーンでも年収の3分の1以上借入できることはありません。

 

そもそも、通常のローン会社の場合、30日無利息キャンペーンやグッズのプレゼントはあっても借入限度額を大幅に上げるキャンペーンなどは行いません。

 

なぜならば、申し込みの際に申請した年収額で最大限に借入できる金額を提示するからです。それ以上の借入となれば年収3分の1以上の額となり、すなわち貸金業法違反となるのです。

 

3、貸金業法違反する悪徳金融の実態

貸金業法違反をする大半は悪徳金融です。返せる保証もない専業主婦に多額の借入をさせておいて、貸金業法で定められている利息額の数十倍を請求してきます。払えない女性に対しては売春を強要するなど卑劣な手をつかってきますので、決して騙されてはいけません。

 

甘い誘惑には猛毒が潜んでいると思っていたほうが無難です。レディースローンは女性が対応してくれる点以外には通常のローンと大差ありません。法に基づいた上で運営しているローン会社で計画的に利用するよう心掛けることが大事です。

 

Sponsored Links