楽天銀行スーパーローンでは、旅行や付き合いなどの急な出費、子どもの教育資金や何かの資格を取るための自己への投資、複数社からの借金を借り換えることなど、色々な顧客の需要を満たすことができます。

 

借り入れ限度額は最大で500万円、入会金や年会費などは一切不要で、申し込みの手続きにおいて書面への記入は必要なく、簡単に行うことができます。

 

金利は年率4.9%~14.5%と低金利で商品を提供しています。消費者金融の金利が5%から18%の平均水準となるのに比べ、安いことが分かります。

 

また、同業者の銀行系カードローンと比べても、遜色はありません。

 

ほぼ全てのコンビニにおいて、ATMを利用した際の手数料はかかりませんし、PCや携帯電話などの端末からインターネットを介し手続きをしても、手数料は基本的にかかりません(時間帯や会員登録の有無などによって、手数料が生じることがあり)。

 

Sponsored Links

楽天銀行スーパーローンのおすすめポイント

限度額が300万の申し込みでは、収入証明書の提出が基本的に不要となり(審査結果次第では必要)、面倒な手続きを省くことができます。

 

申込者が個人事業主や法人事業者の場合は提出が必要となります。複数の借金を一本にまとめることや、金利節減のための借り換えなどにおいて、一月あたり3000円からの返済という、一括返済も可能で余裕のある無理のないプランを提案します。

 

他社からカードローンを組んでいる方や楽天銀行の預金口座を所有していない方でも申し込み可能で、、ゆったりとした返済プランで完済に向けることがでます。

 

そして、スーパーローンを利用できる人は、会社員だけではなく、専業主婦(主夫)、パートやアルバイトなどして働いている人も、申し込むことが可能です。

 

学生であっても20歳以上でパート・アルバイトの収入があれば、十分に申し込むことが可能です。

 

最後のポイントは、申し込みをしてから実際に融資を受けるまでの時間が、最も短い場合で「即日振込」が可能なことです。当日中にお金を用立てる必要性に迫られた人へも配慮しています。

 

受付や審査などの状況によっては少し延びることもありますが、基本的に迅速な融資が可能です。

 

楽天銀行スーパーローンの貸付基準

スーパーローンの融資を受けるためには、以下の条件を全てきちんと満たす必要があり、満たせない場合は借りることができません。

 

年齢が20歳以上で62歳以下であることが条件

この基準は返済責任能力や信用性といったことがポイントになり、カードローンといった高額のローン商品を購入するうえでの年齢制限になります。

 

未成年では信用に欠けるところがありますし、あまり高齢になると定年退職による収入の減少で、返済能力に難ありと見なされるからです。

 

日本国内において居を構え住んでいること

外国人は永住権・特別永住権を取得している必要があります。国内に住んでいない人に貸し出すことはできません。

 

月々に安定した確実な収入があること

配偶者(夫または妻)にきちんとした収入があることが条件で、どちらか一方に相応の収入があれば、働いていない夫または妻(専業主夫・主婦)でも融資を受けることができます。

 

保証会社に保証してもらえること

楽天銀行株式会社もしくは株式会社セディナの保証を受けることができ、返済が滞るような事態になってしまった場合はそれらの保証会社に保証してもらえるようにしておくことです。

 

そのため、顧客が自ら保証人を別に立てる必要はありません。

 

審査に必要な項目

スーパーローンの審査項目においては、下記のものを申告する必要があります。

第1に、顧客の基本的な情報である氏名や生年月日、連絡先などです。

第2に、顧客が居住している住居の情報です。それは住所に電話番号、一戸建て・アパート・持ち家か賃貸など居住の形態に関する情報、その住居に住んでいる年数などです。

第3に、顧客の勤務先に関する情報、株式会社・有限会社・合資会社・個人経営(自営業)などの種類、勤務先名称や電話番号、正社員・契約社員・派遣社員・アルバイトやパートなどの雇用に関する形態、加入している保険の種類の情報などです。

楽天銀行は上記の申告内容を精査します。

それは住宅地図により実際そこに居住しているか、据え置きの固定電話が設置されている場合は104をかけたり、顧客の勤務先である会社に対して電話で在籍状況を確認したりするなどです。

 

審査の可否や審査スピード

審査の可否については、属性スコアリング方式という方法に基づいて行われます。これは申込者個人に関する各情報に対して点数で評価し、返済することができる力を総合的に見るという方法です。

 

この審査や判断はコンピューター自身が行い、公正に判断するようになっています。どのように点数が付けられるのかに関して、基準は銀行各社で様々ですが、だいたい次のような傾向があります。

 

申込者の職業は公務員が圧倒的に有利

それは懲戒解雇や依願退職など止むを得ない理由を除き、会社倒産などの失業リスクが皆無だからです。

 

次に有利なのは大手企業で働く会社員

雇用形態はもちろん安定性のある正社員です。派遣社員や契約社員、アルバイトやパートタイマーなどの非正規社員、中小零細企業や個人事業経営者などは、その不安定性から不利になる傾向があります。

 

また、勤続期間は長ければ長いほど良く、最低で1年以上あれば信用に足ると見なされ、年間収入は当然多い方が有利で、その額はだいたい300万円以上が目安となります。

 

申込者の住居は、借家よりも持ち家の方が有利

それは実家に住んでいても家族名義であっても同じことで、やはり持ち家が有利になる傾向があります。

 

資産価値が高く、家賃など家計から経常的に引かれるものが少ない方が、返済能力が高いと見なされます。さらに自宅には固定電話が設置されていた方が高評価になります。

 

携帯電話だけではなく、連絡先が複数ある方が貸す側としては安心感がある傾向にあります。

 

以上の事柄は、はっきりと数字で表せるような境界線はないのですが、これらが概ね銀行各社の基準となります。なお、銀行が審査基準の詳細を明かすことはほとんどありません。

 

最後に、これらの事柄に付け加えると、申込書や提出必須書類において誤字・脱字や記入もれなどの不具合があった場合は、当然のことながら審査ができないので否決されます。

 

また、記入項目に虚偽の内容を入力して申告した場合も、もちろん否決となります。少しでも良い評価を得ようとして偽りの年間収入、偽りの勤続期間などを入力しないようにし、ありのままの事実を申告する必要があります。

Sponsored Links

 

審査スピードは延長されることもある!?

さて、審査スピードについて、これは申し込んでから審査の回答が行われるまで最も早い場合で当日中に、少し遅れる場合でも2日目までには回答されます。

 

しかし、申し込み者数が多く混雑している場合は、延長(1日から2日ほど)される可能性があります。

 

場合によっては、楽天銀行から申込者に対して直接、電話連絡が入ることもあります。そういう止むを得ないケース、諸事情を除き、何も問題がなければ基本的に申し込んでから当日のうちに回答されるという、迅速さがモットーとなっています。

 

楽天銀行スーパーローンの審査に落ちる原因

申込者の現在の生活の状況、経済状態に不安要素があると判断されれば、当然審査には落ちます。

 

年間収入の低さ、勤続期間の短さ、安定感のない職種や業界、非正規雇用など不安定な働き方をしていること、年齢的な条件、配偶者や扶養家族がいるかどうか、家賃及び住宅ローンなどの支払い状況など、それらで返済能力の有無を問われ、信用性に問題ありと判断されれば不合格となります。

 

ここで注意したいのは、例え審査に合格できるほどの収入があったとしても、申込者の支出額が収入額に比して大きな割合を占める場合、バランスが悪くつり合いが取れてないと判断されれば、審査には落ちるということです。

 

銀行側は貸したお金を計画的に遅滞することなく返してもらえるかどうかが、最大の関心事です。契約を誠実に履行しない申込者には貸すことができません。

 

申込者の過去の借り入れ時に何かのトラブルがあった場合も審査に落ちる

例えば、3カ月以上にも及ぶ返済の延滞をした場合です。“延滞”とは、指定された返済日までに返済がなく、さらに銀行側が新しく指定した返済日にも返済がないことをいいます。

 

この銀行側が新しく指定した返済日までに返済があれば、それは“遅延”と呼ばれます。遅延の場合は信用に傷が付くことはありません。

 

しかし延滞を3カ月以上に渡り続けた場合は信用に傷が付き、専門の信用情報機関に負の経歴が登録されます。また自己破産や、再生のための法律に基づく債務整理を行った場合も同様に登録されます。

 

ブラックリストに載ってしまえばスーパーローンの審査時に照会されてしまい、審査は確実に落ちます。

 

ブラックリストからは5〜10年で削除される

ただし、例え信用情報機関が保管するブラックリストに掲載されたとしても、その顧客の信用性が一生の間ずっと落ちたままかというと、そうではありません。

 

返済を完済し、しかるべき対応を取れば、5年から10年間程でブラックリストから削除されます。年数に幅があるのは、信用情報機関によって基準が違うためです。

 

楽天銀行スーパーローンの口コミや評判

・福岡県50代の専業主婦(無職)

▪︎年収120万円~180万円未満

「私は楽天市場のヘビーユーザーで、通販でショッピングをすることが何よりの楽しみにしている人間です。そんな私に、ある事情から新しく銀行口座を開設する必要が生じ、楽天銀行で口座を開設するとポイントが付くと夫から教えてもらったため、早速開設することにしました。

専業主婦でも借りられるのか少し不安もありましたが、私が楽天市場の会員ということで優遇され、審査には何の問題もなく合格することができました。

そして簡単にカードを作成することができ、面倒な手続きは一切なく、何のストレスもありませんでした。付与された楽天ポイントは1000ポイントで、とても嬉しかったです。

専業主婦ということで、借り入れ限度額はやや少ないものの、私はそれほど必要ではありませんでしたので十分に満足できました。」

 

・愛知県30代のアルバイト男性

・年収200万円程度

「私は将来の転職のために資格を取得したいと思い、そのためにある程度まとまったお金を必要としていました。そこでカードローンを組んで資金を用立てようと思い、パソコンで探していると楽天銀行がたまたま金利の半額キャンペーンを行っていることを知りました。

これはものすごくお得だと思い、すぐさま申し込みました。アルバイトでも私でも審査にはすんなり通ることができ、早速、資格取得に向けて動き出すことができました。

後でカードローンに詳しい友人に聞くと、この金利半額キャンペーンというのはとても珍しいキャンペーンのようで、1年の間に1回あるかどうかの、ものすごくお得なキャンペーンだったようです。本当にいいときに申し込むことができたと思いました。」

 

・神奈川県40代のパートタイマー女性

・年収170万円程度

「私は神奈川県にてパートタイマーで働いています。夫と共働きの家庭です。今回はどうしても私が欲しい物があり、夫に相談してカードローンを組むことにしました。

インターネットの広告で見かけた楽天銀行に申し込むこと決め、早速手続きを始めました。私は“収入証明書”なるものが必要とばかりに思っていましたが、全く必要ではありませんでした。

限度額が300万円までのコースに申し込みなら必要がないということで、面倒な手続きを避けることができて良かったと思っています。

私は給与明細をなくしてしまっていましたので、提出を求められたらどうしよう、職場の人に話さないといけないのかと困惑していたところでした。助かりました。」

 

ネット銀行特有の利点や条件

ネット銀行のメリットはスーパーローンを利用した場合に楽天ポイントが付与されることが挙げられます。このポイントの仕組みは1ポイント1円換算で、インターネット通販サイト楽天市場との併用でポイントがたくさん貯まっていきます。

 

ポイントが貯まれば、その貯まったポイントを使いお得なショッピングができます。

 

その他、普段からパソコンを扱い慣れている人にとっては、ネット銀行は使いやすく便利な存在です。必要な書類の提出、申し込みの手続きなど、PCやスマフォなどの端末をいつものように操作するだけで済ますことができます。

 

わざわざ銀行の窓口まで行って煩雑な手続きをしなくて済むのは、ユーザーにとって時間の節約となり、その時間を他のことに充てることができるため、とても便利です。

 

IT(情報通信技術)の発展によって生み出されたネット銀行は、顧客の利便性や時間の節約などに貢献します。

 

Sponsored Links