ヤングローン・学生ローンは学生と社会人を対象にした、低金利のローンサービスとなります。運営は株式会社キャンパスが担っていて、本社は東京・新宿にある高田馬場にあります。

 

昨今、様々な悪要因により日本国内の経済は厳しい状態が続き、学生の仕送り額は年々減少傾向にあります。

 

2017年4月5日のニュースにおいて、学生の1日当たりの生活費が平均790円という衝撃の結果が伝えらえている現在、この低金利ローンサービスが注目されています。

 

それでは“ヤングローン・学生ローンのキャンパス(以下ヤング・学生ローンと呼称)”について、詳しく見ていきましょう。

 

Sponsored Links

ヤングローン・学生ローンのキャンパスの特徴

ヤング・学生ローンを運営する本社のある学生街・高田馬場近辺だけではなく、貸付対象者は全国に広がっています。

 

近くにある早稲田大学の学生はもちろん、日本全国あらゆる学生及び若年社会人でも、このローンサービスを利用することができます。

 

店頭に通う必要はなく、申請は自宅・寮・出先から可能で、インターネットを経由したアクセスで申し込むことができます。

 

電話による受付は実施していませんので、スマホやPCを利用してアクセスしましょう。そして、融資は近場の銀行か郵便局で行うことになります。特に郵便局の場合は全国にネットワークが広がっていますので、利用するとすれば便利です。

 

年利14%台から16%台という低さ

フリーローンの中において、この14%台~16%台という年間金利は安い方です。

 

フリーローンとは使途を限定しないローンサービスのことで、借り受けたお金を事業や投資のためといった、ある特定の目的に限定して使うということはできません。

 

ですから借入金額の枠内において、生活費や学習費に充当するほか、遊興費にも使っていいということです。

 

こういったフリーローンの年利は14%から18%の間で決められていて、法定の上限金利である18%に限りなく近い値で設定している業者が多いです。

 

ヤング・学生ローンでは貸付対象を学生や社会人(若年層)にしているため、その点をきちんと配慮しています。

 

当日中の融資も可能

今すぐお金を借りたい学生・若年社会人にも対応しています。

 

平日における午後2時30分までに、申請から審査までの一連の流れを終えている場合に限り、その日のうちに融資することができます。

 

ただし、ゆうちょ銀行への送金であるなら、午後5時までに手続きを完了していれば、上記と同じく当日中の融資が可能になります。

 

在籍確認はありません

消費者金融でお金を借りるとき、勤務先に在籍しているかどうかの確認が必要になるケースが多くあります。

 

しかし、ヤング・学生ローンでは勤務先に対する在籍の確認は不要です。勤務先の他にも、両親や学校といった場所への確認もしません。

 

だから何らかの事情で秘密にお金を借りたいときは、ヤング・学生ローンはとても便利な存在です。

 

ただ1点だけ、利用者の自宅において、固定電話が備え付けられている場合、利用者が自宅にいるときのみ電話をして確認をするという形式を整えています。

 

ヤング・学生ローンから電話がかかってくるとき、自宅に自分以外の人間がいないようにしてきましょう。

 

借入金額は最高で50万円

ヤング・学生ローンでは、借り入れ最高額が50万円となっています。つまり、少額での借り入れをしたい人向けのローンサービスだということです。

 

まとまった資金需要のある人には用立てることができませんが、一時的で短期の少額需要を満たしたい学生と若年社会人にとって、とても役立つサービスです。

 

ヤングローン・学生ローンのキャンパスの審査基準

“アルバイトをしている”というのが、借り入れの際の絶対基準になります。

 

アルバイトをしていること

親からの仕送り収入がどれだけあったとしても、自分でアルバイトをしていなければ、定期的・安定的な収入があると見なされません。

 

そうなれば融資してもきちんと返済されるかどうか大きな疑問符が付くため、アルバイトをしていない利用者には貸し付けをしないことになっています。

 

年齢は20歳から34歳まで

“ヤング・学生ローン”と銘打っているだけあって、その年齢層は若年層に限られます。

 

年齢にすると20歳から34歳までということになり、その年齢の幅以外の年齢層の人は利用することができません。

Sponsored Links

 

20歳未満を除く若い人だけを応援する、特化型のローンサービスということになります。

 

必要な書類が2点あるかどうか

自分の身分を証明できる書類を2点用意しておく必要があります。

 

例えば、運転免許証や健康保険証、学生証やパスポート、写真の付いた住民基本台帳、カードなど、公的な書類です。

 

上記2点用意しないと審査に落ちてしまいます。

 

ヤングローン・学生ローンのキャンパスの口コミや評判

以下はヤングローン・学生ローンのキャンパスを実際に利用した方の体験談となります。

 

必要な時にジャストな融資・20代前半・男子学生

僕は大学生で東京都内に住んでいます。アルバイトの給料日までにお金が足りないという状況に、今まで1回だけ見舞われたことがありました。

そこで学内でも有名だったこちらのヤングローン・学生ローンのキャンパスさんに申し込むことに決め、すんなりと融資して頂けました。

そのおかげで僕は、給料日まで必要な資金を手に入れることができた他、彼女とのデートもすることができ、とても良かったです。

そんなに大金が必要だったわけではなく、僕の場合はほんの少しで良かったので、返済も短期間のうちに実行することができました。

痒いところに手が届くようなサービスで、とても助かりました。

 

在籍確認がないのが良かった・20代前半・女性社会人

私は大学の在学中にどうしてもお金を借りないといけないことが起こり、友人から教えてもらったこのローンサービスを利用しました。

アルバイトと親の仕送りで生計を立てていましたが、それでもやり繰りが厳しい時期があり、やむを得ずお金を借りることに決めました。

お金を借りる際に私が一番心配したのは、親にバレるのではないかということでした。

私の場合、親には心配させたくないという気持ちが強く、それでお金を借りることが知られてほしくありませんでした。

でもこのローンサービスは在籍確認が必要なく、誰にも知られずに借りることができました。

本当に助かりました。

 

社会人でもOKなのが良い・30代前半・男性会社員

はじめにこのヤング・学生ローンを知ったとき、対象者は大学生だけかと思いました。

よく確認してみると、34歳までの社会人でもいいということが分かり、早速借りることにしました。

ヤング・学生ローンの魅力は何といっても金利が安いということです。

消費者金融では、初めて借りる人にはだいたい18%という上限金利ギリギリの数値が設定されていることが多いですが、こちらは16%台が上限と、比較的に懐に優しい値です。

既に働いている社会人でこの金利で借りられるのは、とても嬉しいことです。

返済も順調に進んでいき、あともう少しで完済できる状態です。

ここを選んで正解だったと思います。

 

借入上限が低かった・20代後半・会社員女性

急にお金が必要になり、借りられるところを手あたり次第に探していたとき、ヤング学生ローンを知ることになりました。

とにかく早くお金がほしかったので、あまりよく確認せずに申し込んでしまい、あとで借り入れ上限額が50万円だと知りました。

私はそれ以上の金額を借りたかったのですが、どうもお門違いだったようで、すぐに願い下げました。

今回は残念ながら利用するには及ばなかったのですが、50万円以下の金額を借りたいときにはここがいいと思いました。

なぜなら他社と比較したとき、約14%~16%の低金利が魅力的だからです。

50万円以下を借りる機会があれば、ここを利用したいと思っています。

 

すぐに融資てくれた・20代前半・男子学生

自分の場合、すぐにお金がほしいことがあり、かなり焦った状態になっていました。

それで学内の人にヤング・学生ローンがあることを教えてもらい、素早く申し込みました。

アルバイトをしているということがあって難なく審査に通り、誰にも知られずお金を借りることができました。

無事にお金を手にしたときの気持ちは何といってもホッと一安心です。

お金を借りるなんてことはしない方がいいに決まっていますが、どうしてもそのような状態になったとき、低利ですぐ貸してくれるところがあればとてもありがたく感じます。

まだまだ返済しないといけない金額が残っていますが、コツコツと返していくつもりです。

 

Sponsored Links